IMG_9517_20160501170023e2e.jpg
Tシャツが一般化する以前、古い時代のアンダーウエアの再現には定評のあるブラックサインの新作アンダーウエア。
まあアンダーウエアと呼んでも変形パターンのTシャツを解釈するのが今の在り方だと思います。
IMG_9526_20160501170055527.jpg
ヘンリーネックではなく前面がシャツのようにフルオープンのボタン留め。
左胸にはフラップ付きの胸ポケットが付く。
凡そ下着でしかな当時の事情~ベスト着用が普通とされる、この上に着る長袖シャツ自体が下着のような扱いの時代では中々ありえないディテールですね。
以前より国産リプロダクトの世界では、「今風」、「着やすくした」、「独自のデザイン」等のワードでプリントの追加、白や生成り以外の明るいカラーやボーダ―等のバリエーション、ウール素地をコットン素材への変換、胸ポケット等のアレンジを行っていたが・・そのような後代の努力をあざ笑うように実はコレの元ネタはちゃんとある~と言うか実は黒色がオリジナルを忠実に再現したカラーとなる。(白と黒の二色がブラックサインから販売されている。)
1920年代頃の元ネタはセパレート式の上下セットの上のみと思われる。
素材もウールでは無くオールコットンで俗にサマー用と呼ばれるタイプのユニオンシャツだ。
よく、そのままでは着れない~と称される19世紀から20世紀初頭のアンダーウエアにおいて実はこのようなタイプも存在するのだ。
(コレとは別のハナシだが19世紀のカタログで既にボーダー柄のユニオンシャツは掲載され、20世紀初頭のスウエット生地のユニオンシャツには黒色、赤色等まるで現代人が着やすいように創造したようなタイプが意外な事に存在していた。)
IMG_9518_201605011700255e2.jpg
首回りはバインダーネック。
IMG_9519_2016050117002674c.jpg
薄手の生地は同社の定番ヘンリーネックTシャツであるアーミッシュアンダーウエアとは同一の生地のようだ。
IMG_9520_201605011700276bb.jpg
ポケット裏には別布が貼られいる。
IMG_9521_201605011700296d0.jpg

IMG_9523_201605011700509f0.jpg
前立ての裏にも別布が貼られシャツに近いディティールがある、と言うかそうしないと薄手の生地では成り立たない。
IMG_9522_20160501170049c36.jpg

IMG_9524_20160501170052f70.jpg
袖口もユニオンシャツらしい作り。
袖の長さはかなり微妙でロンTとは呼べない短さだが、まあこれもオリジナルと同一。
IMG_9525_2016050117005335b.jpg
中途半端な袖丈のTシャツを言えばラグラン、アメフト等の戦後のスポーツTシャツを想像しやすいが戦前のアンダーウエアにも当てはまる話しだ。
だがモノが少ないだけにリプロダクトで気軽に買える、着れるのはウレシイ限りです。
スポンサーサイト