IMG_0412_20160501170659aca.jpg
更に中途半端な袖丈のTシャツは続きます。
で今回もチャンピオンのT1011です。
俗にアメフトTシャツ、フットボールTシャツとか呼ばれるスタイルですね、日本企画なのでデカ過ぎることは無く着やすいサイズ感ですね。
T1011自体、約10数年ぶりに購入した訳ですが当時は日本製の吊編機織のビンテージタイプのシリーズと平行してアメリカ製のこのようなラインが特殊なラインとして展開されていた訳ですが日本製はスッカリ姿を消したがアメリカ製の本格的ラインは継続して今に至ったようですね。
IMG_0414_20160501170702caa.jpg
まあ正直このようなヘビーウエイト過ぎる生地感が本来の伝統なアメリカ製かと言えばそれは事情が異なる。
90年代以降のアメリカ製品、あるいはスウエットだが、リバースウィーブのような質感をイメージとしては結びつけやすい存在だとも言える。
IMG_0415_201605011707045b7.jpg
新品なので下げ札がちゃんとある。
IMG_0416_20160501170705226.jpg
肩付近での生地の組み合わせがアメフトTシャツの特徴。
ホンモノのアメフトTシャツほど肩が張っていないので着やすいですね。
IMG_0413_20160501170701e95.jpg
80年代後半以降、お馴染のCマーク。
IMG_0417_20160501170848fd5.jpg
見慣れた現代的な縫製仕様。
IMG_0418_20160501170849c30.jpg
まあ久しぶりにチャンピオンを着るのもイイもんですね。
スポンサーサイト