IMG_9755_201606180802174d0.jpg
10年位前のレザーベルト。
如何にもアメカジ、ジーンズスタイルと言う風貌なので実に出番が多い。
それなりに経年変化しているが革だけでなくバックルの変色も迫力ある表情をしている。
IMG_9756_2016061808021821b.jpg
既に生産終了しているタイプですね。
IMG_9757_20160618080220216.jpg
床面側にはブランド名の刻印が入る。
昔のマニフォールドには無刻印のモデルが多かったが、この頃から刻印入りが普及した。
IMG_9758_201606180802220bb.jpg

IMG_9759_20160618080223121.jpg

IMG_9760_20160618080259b5a.jpg

IMG_9761_20160618080300f1f.jpg
このベルトと言うかバックルの後日談ですが、これ無断コピーした模造品が市場に出回った事ですね。
偽物は数種類あり、それを使用している某社の製品が雑誌等で紹介されていた様に驚くと言うよりあきれた記憶がある。
それら偽物、二番煎じの自己アピールは常にワンパターンである。
それは「全て私が考えた」「うちが最初で唯一」的な大げさで幼稚な言葉の羅列で飾られた自己アピールだ。
そのようなメーカー、ブランドはアパレルやファションアイテムの世界では、今でも複数存在し大きな顔をし続けている。
レザーアイテムにしろ、服にしろ、シルバーアクセサリーにしろ、本当に良い物を求めるのは簡単な用で意外と難しいのかもしれないですね。
スポンサーサイト