IMG_7633_20160712201711273.jpg
ヘンリーネックネタが続くが、ある程度は意図的です('ω')ノ

ダッパーズのヘンリーネックTシャツは数種類、過去に展開されており毎年微妙に違いがある。
今回のタイプはより実物感があるようでいて、ボーダー柄とアンダーウエアらしくないが・・いや実は19世紀の時点でボーダー柄のユニオンスーツと普通に存在していたので別段、おかしいアレンジとは言い切れない。
IMG_7637_20160712201835e2a.jpg
右手だけで外せるようボタンは中央から右側に寄っている。
IMG_7634_201607122017130e1.jpg
部位により生地の色が違うのは目に付くが戦後のスポーツウエアぽい仕様でもある。
IMG_7638_20160712201836d66.jpg

IMG_7625_20160712201633c93.jpg
首裏の当て布。
最近、コレが無いとダメだ、古くない、と意見言うユーザーもいるが古いアンダーウエア全てにある訳じゃないので私的にはコレも様式美化したディティールの一つとしか捉えていない。
IMG_7626_201607122016340b3.jpg

IMG_7628_201607122016378ae.jpg
リブ袖に関しても~以下同文。
IMG_7630_20160712201707bde.jpg

IMG_7631_2016071220170813e.jpg
縫製は如何にも現代的、リプロ的なのが少し残念。
IMG_7632_20160712201710abe.jpg

IMG_7636_20160712201833352.jpg

IMG_7635_20160712201832fd2.jpg
デザイン的な良さ、定型化しつつある古風なアンダーウエアの様式をちゃんと踏まえているので一枚でも違和感なく着れるTシャツに見事に出来上がっている。
スポンサーサイト