IMG_4217.jpg
ヘインズのリンガーTシャツ。
1980年代の無地Tシャツですが普通はプリント入りですね、でも古着でたまに無地が出てくる。
IMG_4221_2016071906295493f.jpg
ポリコットンでアメリカ製と如何にもアメリカ古着なTシャツであります。
IMG_4222_20160719063020eb8.jpg
グレー&ブラックの二色使いはバランスが良く、リンガーTシャツにありながちな体操服のようなイメージにはなりづらい。
IMG_4220_201607190629537ad.jpg
ソフトで適度なしっかり感もあり、絶妙なスラブ具合は化繊混紡とは言え十分ビンテージ感を感じる事が出来る素材ですね('ω')ノ
IMG_4219_20160719062951783.jpg
アメリカのTシャツと言えば昔からヘインズですね('ω')ノまあ、昔のヘインズしか着ませんが(笑)
IMG_4218.jpg
90年代以降、「ヘインズのTシャツは伸びやすい」「一回洗えばだらだらに伸びる」と言う噂と言うか、表現をユーザーのみならず現代のアパレルメーカーの人からも聞くが、まあ実際のところ、そのヘインズがいつの時期の何製なのかは誰も正確には言わないし、国産アメカジ、国産復刻ブランドのTシャツを賛美するための枕言葉に使われている時点で少しは疑うべきだと思う。
私的には80年代以前アメリカ製ヘインズしか着ないので、それら流言は私には無関係だし、そのような体験も無縁だ。
ちなみに入手しやすい1970~80年代のアメリカ製Tシャツの中で、型崩れしやすいのはコットン100%のフルーツオブザルームだがその事を指摘する言葉を上記の関連で聞いた事が無い。
スポンサーサイト