IMG_8203.jpg
1970~80年代によくあるスレンダータイプのポリコットンTシャツ。
当然、伸びるには伸びるがコットンほど伸びないのでよほど痩せていないと普段のサイズで着るのは難しくワンサイズ大き目を着る必要がある。
不思議なのはメーカーによりヘルスニットのように元々小さ目のサイズ感のメーカーもあるがヘインズやこのチャンピオンのように、細めのボディーもあるが通常のボディーもあるケースもある事ですね('ω')ノ
このようなパターンが望まれた理由はなんでしょうか?今の日本規格でもXSサイズくらいのUS-Sサイズが普通に存在していた時代があるのが興味深い。
IMG_8199.jpg
タグは・・もういいでしょうか。
IMG_8201.jpg
プリントは私的にはどうでもよい('ω')ノ
IMG_8200.jpg

IMG_8202.jpg

IMG_8204.jpg
ボディーの霜降り具合は実にアメリカ古着らしいモノですね('ω')ノ
スポンサーサイト