IMGP0015_20160816065225fa6.jpg
左胸にポケット付き細ボーダーTシャツ。
1950年代の太ボーダーに比べると地味な存在~ではなく、実際に買う場合、価格、球数共に現実的な選択になるのがこのようなTシャツですね('ω')ノ
まあ、しかし国産リプロが偏りすぎた太ボーダーの各社一律の展開により、天邪鬼な性格の購買者に注目が集まる~と思いきや視界外になっているような側面があるようですね(´・ω・`)
IMGP0021_201608160652491ca.jpg

IMGP0019_201608160652311f4.jpg
柄合わせされているがボディーの傾斜に引っ張られて見事に歪んだ胸ポケット。
IMGP0016_20160816065226f33.jpg
胴体横は生地を繋いでおり筒胴体ではない、ボーダー柄はより古い時代も含めてこのような仕様が実は一般的だったりする。
一応合わせているが微妙にズレているとも言える。
IMGP0017_20160816065228b16.jpg
クルーネック。
IMGP0018_2016081606522932b.jpg
生地裏~縫製はヴィンテージなのでヴィンテージ仕様。
IMGP0020_201608160652484bc.jpg

IMGP0022_2016081606525139a.jpg

IMGP0023_20160816065252fd9.jpg

IMGP0024_201608160652545e4.jpg
これはオールコットンですが時代的に、そう1960年代ではポリコットンのボーダーTシャツがかなり普及していた。
スポンサーサイト