IMG_9593.jpg
ようやく出番のシーズンが来た?感じのするブラックサインのアンダーウエア。
ヘンリーネックでは無くフルオープンで胸にポケットがあり、リプロの世界特有のステレオタイプの「ビンテージのディティール」に反するが実はほぼそのまま再現した一枚でもある。
意外な事に?ではなく実はTシャツ誕生前のアンダーウエアにおいて実はカラーモノやポケット等の上に羽織らないディティール等は割と普通に存在が確認出来る。
比率的にはメジャーとは言い難いがそれでも19世紀から20世紀初頭の欧米のカタログ類に記載されているアンダーウエアの有り様はようやくリプロの世界が追いついた情報よりも格段に多様で個性的である。
IMG_9601.jpg
さて毎度の如く下着では定評のあるブラックサインなだけにコレもまた個性的で名品?迷品?
ビンテージアンダーウエア・ラバーは消える前に入手しないといけないですね(笑)
IMG_9595.jpg
胸ポケットはタバコなどの日常品を屋内で活動する際に利用していたと思われます。
素材は1910~20年代の元ネタもコットン生地で所謂サマー用ユニオンスーツの上部分ですね、つまり上下セットが本来の正しい姿ですが残念ながらドロワーズは発売されなかった(´・ω・`)
IMG_9594.jpg

IMG_9596.jpg

IMG_9597.jpg

IMG_9598_20160825060554b47.jpg

IMG_9599.jpg

IMG_9600.jpg
作り込の良さには文句の付けどころ無しですが各人が着こなしに頭を悩ませるのは否定しない。
中に一枚Tシャツやタンクトップを合わせるもヨシ、そのまま一枚で着るもヨシと言うところでしょうか。
スポンサーサイト