IMG_1823_201608270822221ec.jpg
アメカジ、ビンテージ復刻と言われるジャンルは流行に左右されない定番性が強いと言うが、まあ確かにそうだが、そんな中でも同一ジャンル内で流行と言うモノは確実に存在する。
最近は落ちついたブラウンズビーチやロッキーマウンテンのベストや類似ファブリック等は記憶に新しいところですね。
中にはベストやボーダーTシャツのように一般的なリアルクロージング等の世界と足並みをそろえて流行るパターンなんてのもある。
でインディゴ染めのカットソーは近年ウエアハウスだけじゃなくオムニゴッド、キャピタル、ダブルアールエル、グッドオンなど内外の無数のブランドが足並みをそろえて展開しているがどこか最初か分からないが、まあそんな事はどうでもよい。
何故ならこのブームも他と同様に繰り返しの中の何回目かの流行りであり、過去に数回起きている事実を思えば特に熱くなる感情は沸かない。
IMG_1824_2016082708222301f.jpg
バインダーネックでセットイン。
無地なのでアッサリしておりますが経年変化による変貌を期待したい。
IMG_1825_20160827082224306.jpg

IMG_1826_20160827082226d30.jpg
縫製はウエアハウスらしくヴィンテージ仕様。
IMG_1827_20160827082227194.jpg
胴体は珍しくシームレスボディーではない。
IMG_1828_20160827082244c8c.jpg
ウエアハウスの中途半端な袖丈Tシャツでは珍しい?セットインだ。
IMG_1829_201608270822461d4.jpg

IMG_1830_201608270822476f6.jpg
ジーンズのようなデニム生地ではないが同じインディゴ染料と言う事で昔からデニムマニア、ジーンズ好きには愛好される傾向のあるインディゴ染めですが、藍染Tシャツ共々、アメカジだけじゃなく和柄を取り入れたカジュアル衣類のイメージが強いのも事実ですね('ω')ノ
スポンサーサイト