IMG_6181_20161011054118384.jpg
ドライボーンズの定番ジーンズの一つで、まあジャンルに関係なく世界的に定番化したリーバイスタイプの基本ディティールのジーンズですね。
スタイルの違うバリエーションが複数存在する中、これは細めのタイプ。
IMG_6193_20161011054124515.jpg
赤タグは付かないがバックポケットには個性的な飾りステッカー入り。
IMG_6199_20161011054246e1d.jpg
レザーラベル。
IMG_6198_2016101105424479d.jpg
オフセット式のセンターループ。
IMG_6196_201610110542435d4.jpg
生地感は今では定番の至極普通のセルビッジデニム。
まあ普通と言えば普通だが、これがわざとらしくない自然な色落ちしてくれるので、まあいいんじゃないでしょうか。
IMG_6195_201610110542418c7.jpg
比翼裏のパイピング処理やリベット裏のパーツ使い等、ビンテージリーバイスの忠実な再現じゃないですが、まあそんなところも含めてドライボーンズらしいと言うところでしょうか。
IMG_6189_20161011054122771.jpg
コインポケット縁はワザと折り曲げず、セルビッジを露出と言うか顕示している。
IMG_6186_20161011054121bbb.jpg
リベットはかぶせ式。
IMG_6185_20161011054119fd3.jpg
アウトサイドシームは当然オープンシームでセルビッジを顕示している。
昔は寿司耳なんてのもあったいつの頃から他社と同じようなアカミミになっている。
IMG_6180_201610110540518f2.jpg
スレーキーにはユニオンチケット風のタグ付き。
IMG_6178_201610110540507c2.jpg
比翼に裏側にもセルビッジを露出している箇所がある。
IMG_6176_201610110540480a1.jpg
またしてもリベット裏の適当なパーツ使いが21世紀の標準的な復刻ジーンズとは思えない。
どこか90年代の不完全だが夢があった時代の復刻ジーンズを見ているかのようだ。
IMG_6175_20161011054047118.jpg

IMG_6173_201610110540469b1.jpg
意外と普通にドライボーンズのジーンズも履いていたりする。
スポンサーサイト