IMG_1970_2016101815244273b.jpg
国産時計と言えばセイコーと並びシチズンも古くから代表格ですね('ω')ノ戦前から戦後そして現代でもそのネームは耳馴染ある存在です。
そんなシチズンの懐中時計です、スモセコじゃなくセンターセコンドなのでアンティーク感は希薄ですが今では使われていない大きくCのロゴマークが入りそれなりのオールド感もあるにはありますね。
IMG_1977_20161018152443f6c.jpg
鉄道時計のイメージが今も強いセイコーの懐中時計と違いコチラは純粋にドレスウオッチの雰囲気なので、まあ好き嫌いの分かれるトコロもあるでしょうが・・昭和30年代の希少な懐中時計なので大事に使いたいと思っております。
IMG_1979_20161018152503347.jpg
説明不要でしょうが手巻き、非防水。
国産の古い腕時計の弱点の一つに稼働時間が異常に短い事が上げられますが、まあ懐中時計に関してはそれが該当しないので巻き忘れる心配がほぼないのがウレシイところでしょうか。
IMG_1981.jpg

IMG_1960 - コピー
実はシチズンの時計は全然、持っていない(´・ω・`)腕時計はホーマー2個で懐中時計はコレのみ。
IMG_1318_20161018152438623.jpg
当時のボックスも全て残っている。
ショップ袋もシチズンの純正ですが・・これは当時じゃなく全然新しいでしょうが購入した際にアンティーク時計店のオーナーがこれに入れて渡してくれました。
IMG_1319_201610181524392f6.jpg
懐中時計を連投していますが繰り返して言いますが実用する事が私の主義なんて以前から、これら古い懐中時計を普通に使っています。
復刻服のおかげで以前よりも使いやすい環境が整っているので未経験の方には一度チャンレンジをお勧めしたいと思います。
スポンサーサイト
Secret