2016.12.12 ノリタケの森
IMG_3422 - コピー
ノリタケの森

名駅傍にあるノリタケの森。
膨大な敷地に明治時代の工場跡と緑がある、いわば観光地ですね('ω')ノ
屋外スペースでは様々なイベントが開催され、建物内でも~ですが、私的には現代の楽しみやお皿には全然興味が無い。
それでも明治時代から続く~100年程度前の赤レンガは魅力的な空間ですね、ごみごみした街中、近代的な施設よりもこのような空間の方が落ち着きます、むしろ本来自分が居るべき空間のような錯覚が実に心地よい。
IMG_3422_20161114194710812.jpg
1904年(明治37年)創業なので軽く百年を越える歴史がある。
ノリタケの工場としては1975年(昭和50年)まで稼働しており、その後取り潰さず残してくれてた同社には感謝すべきですね。
明治から大正、昭和に掛けて名古屋は繊維紡績産業を中心に置き時計等、国内を代表する大産業地帯でしたが、当時の名残を感じられる空間はほとんど現存していないだけに非常に有難く意義深い。
IMG_3421_20161114194707a48.jpg

IMG_0455_20161114194618c5a.jpg

IMG_0456_20161114194619450.jpg

IMG_3421 - コピー
現代の楽しみに興味が無い~と言いながらも基本的にココを訪れるのはアンティーク関連の物販関係のイベントの際ですね。
しかしそこで販売される大半の商品よりもこの建物、空間の方が古い(^^)/
IMG_0457_20161114194620df7.jpg
古い企業なんで敷地内に当然、神社がある。
別段、不思議な事では無い、戦前の大企業ではよくある事でした。
IMG_0460_201611141946221e4.jpg

IMG_0461_201611141946239fd.jpg
歴史ある服や時計、靴等を身につけている者としては歴史ある空間も無関心でいられない。
類似する趣味趣向の方たちの間では、多分そんな感情を抱く方が多いのでは~と思ったが意外と無関心の方が多いので少し残念だ。
IMG_3423k.jpg
スポンサーサイト