IMG_8663_20161129195212206.jpg
ブランド不明のウールジャケット。
一枚生地で裏張りは無し、パイピング処理された内側を見る限りそれなりに古そうだが~素材感やパーツハそれほど古くもない。
間を取って1960~70年代程度の一枚って事でしょうか。
IMG_8674_20161129195354d0f.jpg
片ポケでジッパーフライ。
ポケットは綺麗に柄合わせされている。
CPOみたいな存在ですが、普通のカジュアルなボタン留めとはチョイト違った個性がある。
IMG_8664_2016112919521483f.jpg
内側の処理はパイピング処理されておりロック縫いよりも古風で手間のかかる仕様だ。
IMG_8672_20161129195246a12.jpg
ハンドウォーマの裏側など一部ロック縫いの箇所がある。
スパン系の縫製糸で古さは感じないポイントの一つ。
IMG_8671.jpg
袖のボタンは本来ある筈の予備ボタンが欠損しているだけじゃなく、片側が別ボタンの代えられている。
IMG_8670.jpg
フラップ裏の裏張り等、微妙に古臭い手間のかかる仕様もある。
IMG_8669.jpg
ジッパーは妙に安っぽい、アメリカ製のパーツじゃない気がする。
IMG_8668.jpg
ブランド名等の刻印はなく、◇のマークのみ。
IMG_8667.jpg

IMG_8666_20161129195216b37.jpg
一枚生地ですがそれなりに保温性があり数年前は真冬でもよく着ていました。
IMG_8665_2016112919521492a.jpg

IMG_8676.jpg

IMG_8675.jpg

IMG_8673_20161129195352031.jpg
元々、某ヴィンテージショップの福袋に入ってと言う理由で手にした一枚です。
入手後、軽く10年を越えていますが今でも時々着ております。
スポンサーサイト