IMG_4478_2016121120174327c.jpg
スペルバウンドのウール素材のボタンダウンシャツ。
CPOぽい配色及び生地ですがシャツらしい厚みで基本的なデザインはスペルバウンドのコットン生地のボタンダウンシャツとほぼ同じような具合です。
IMG_4498_20161211201756aa1.jpg
オムニゴッドの兄弟ブランド的な扱いですが、やや格下的な扱いを昔からされていたが、まあ実際そういう側面もあるし素材や縫製にそれほど凝っていない分、廉価と言うべきか~まあ、そんな見方も今のオムニゴッドと比べてのであって他の国産リプロになんら遅れをとらない作りなので殊更に言葉にする必要はないでしょう。
IMG_4490_20161211202238ee7.jpg
あまりにも当然すぎる日本製。
90年代に確立されたヴィンテージレプリカに属するブランドの多くは、その呼び名が現在も相応しいかは別にして日本製が当たり前のような商品構成には誇るべきところだと思う。
世間一般的には希少な筈の日本製がここでは実に普通だ。
IMG_4487_201612112017529ac.jpg

IMG_4485_20161211201750b4e.jpg

IMG_4483_201612112017494ec.jpg
マチ付きで、空環。
チェーンステッチ縫製で縫いきった後の糸が露出した仕様はヴィンテージの特徴のように呼ばれているが実際にはヴィンテージレプリカの特徴なのかもしれない、このようなヴィンテージはほとんどない。
IMG_4481_20161211201748e40.jpg

IMG_4479_201612112017453fc.jpg

IMG_4480_20161211201747486.jpg
予備ボタンが付くのは現代衣類ならでは、ですね。
IMG_4496_201612112017537b6.jpg
背後にはバックカラーボタン、ハンガーループがなく、これまた60年代スタイルではないが~まあ、コレはコレでいいんじゃないでしょうか(^^)/
スポンサーサイト