IMGP2878_20170209075622226.jpg
さてブラックサインのシャツですがデザイン的に元ネタが分かりやすいのは胸部、前後のデザインですね二〇世紀になる前から続くドレスシャツに見られるデザインですが前開きではなく後ろ開きが多いのもこのテのシャツの特徴ですが流石に着辛いのヘンは修正されている。
IMGP2885.jpg
背面で中央の太い箇所が前立てのように本来はボタンが並んでいた箇所をイメージとして残している。
IMGP2882_2017020907562846f.jpg
シャツが下着であった時代の名残でもある、やたらと長い裾は現代衣類として大きくカットされたショート丈に修正されている。
IMGP2881_20170209075627c07.jpg

IMGP2880_20170209075625972.jpg

IMGP2884.jpg

IMGP2886.jpg

IMGP2887.jpg

IMGP2868_20170209080257f70.jpg

IMGP2867_20170209080255406.jpg
さて只の手の込んだ現代のシャツではなくボタンはヴィンテージのデッドストックパーツを贅沢にも採用しております。
このようなヴィンテージとのイメージだけでなく具体的な親和性をアピールするのもブラックサインではブランド初期からの特徴ですね('ω')ノ
オリジナルとは一見かけ離れたデザインや素材に変換されていても時代を越えてアンティークやヴィンテージとの親和性を直ぐに直観出来るポイントが無数に散りばめられているがその中でも一番分かりやすい~かどうかはボタンの状態が良すぎてなんとも言えないが、まあ見れば分かるモノですね('ω')ノ
IMGP2866_20170209080254169.jpg

IMGP2864_20170209080253a20.jpg

IMGP2863_20170209080251653.jpg
下げ札にはアンティークボタンに関する注意事項が明記されている。
スポンサーサイト