IMG_5127_201702090838230d5.jpg
フロントの切り返しが胸元から首元まで留めれるアビエイタースタイルのコート。
ボタン込みで、この胸のデザインは古くから制服に採用されておりアメリカに限らず19世紀の時点で様々な制服等に見られますね('ω')ノ
軍服のイメージもありますが民間組織から、そもそも未分類のワークウエア、ウエスタンウエアの原初的なデザインの一つとされているが、これはそんな時代のイメージを引き継いでいるドライボーンズのコットン素地のコート。
IMG_5139.jpg
ブランドタグ。
IMG_5132_2017020908383004a.jpg
色は二色展開されていたが黒を購入、まあ普段着るものと相性を考えた結果ですね('ω')ノ
IMG_5131_20170209083829bc4.jpg
ヴィンテージのデザインを再現したボタンを各所に採用。
IMG_5130_201702090838285ab.jpg
Dポケのような変形ポケットも特徴ですが実用的かは考えないようにしましょう。
IMG_5129.jpg

IMG_5128.jpg

IMG_5138.jpg

IMG_5136.jpg

IMG_5135_201702090838357d3.jpg

IMG_5134_201702090838333b9.jpg

IMG_5133_2017020908383231d.jpg
復刻衣類の世界ではワークコート、ショップコートを近年よく見かけますがデザイン的に個性を出すには難しい素材だけに、まあこのテのラインもアリかと思います。
スポンサーサイト