IMG_5199.jpg
昨日に続いて今日もセイコーマーベル。
同じモデルですがSマークが無くケースはやや大型化している。
こちらの方が数年ですが新しいと思われ耐震装置を意味するダイアショックの文字入り。
IMG_1926_20170212084129bd9.jpg
言うまでもないですが手巻きです(^^)/
IMG_5201 - コピー
シンプルで飾り気の無いドレスウオッチは凡そ50年代後半から60年代に掛けて数多く出回ってますが、これは1950年代に引っかかる割と古い部類ですね('ω')ノ
昭和で呼ぶと同じ昭和30年代となるが( ^^)
IMG_5200 - コピー

IMG_1872 - コピー
この頃から戦前戦後しばらくの10型のような小さいムーブメントで小さいケースの、そうまるで今の基準ではレディースやボーイズのような腕時計から、現代に近い形へ時計自体が大型化してゆく。
更に云えば高度成長期と引っかかる関係で短期間に数多くのバリエーションが発表され、一口にセイコーマーベルと呼んでも色々なタイプが存在する。
更に言えば以後の年代でもマーベルの名前は確認出来、自動巻きに進化したジャイロマーベル、更にはロードマーベルですね。
最も1970年代でもマーベルの名を冠しているモデルもあります、外観は如何にも70年代なんでこれらとは全然違いますが(^^♪
IMG_1871_201702120841276d7.jpg

IMG_5201 - コピー (2)
革バンドは現代のセイコー純正品を付けています。
正直、当時の革は劣化がひどくどれも使えないのでこればかりは仕方がない。
スポンサーサイト