IMG_5145_2017022322000014f.jpg
戦前戦後の混乱期の腕時計ですね('ω')ノ
セイコーのスモセコで10型ですがモデル名が分かりません(´;ω;`)戦後の代表モデルと言えばスペシャル、ユニークそしてマーベルが凡そ昭和20年代から30年代に掛けての流れですが、これは明らかに戦前の仕様を継承しており、戦後直ぐ位かと思われますが、この豪華な外観がモノの無い時代に果たして必要であったのだろうか?
IMG_5144 - コピー
セイコーの頭文字を使用したSマークはインパクトがあるだけでなく古い時代のセイコー社の時計の証なので気にすべきポイントですね('ω')ノ
IMG_5146 - コピー
よーく見ると革バンドが違う画像があるのは本当に違うから。
購入時点でお店でつけられていた革ベルトを気分により変えた為ですね('ω')ノ
いずれも新品の現代の革ベルトです。
国産時計と付き合う場合、同じヴィンテージやアンティークでもアメリカやスイスの時計と同じ感覚で付き合うのは間違いがある。
特に革製品の品質は悪く9割は劣化で使えない。
アメリカンヴィンテージの感覚だと100年前の革ジャンでも着れるモノがあるが日本の場合、そもそもの鞣し技術の問題なのか大半がダメになっているので時計本体だけじゃなくベルトの準備や交換も気にしないといけない。
IMG_9509_2017022322000348d.jpg

IMG_9510_201702232200040ae.jpg
普段使いしているが、ある程度の安定感はある。
繰り返すが動かない、壊れている時計には興味がない。
IMG_5140.jpg

IMG_0159.jpg

IMG_0158.jpg
さて10型なので非常に小さいですね('ω')ノ現代の感覚だとレディースかボーイズに近いサイズ感ですが、まあそれ故にアンティーク、ヴィンテージの腕時計らしいので個人的には特に気にしてはいない。
スポンサーサイト