IMG_5184.jpg
1960年代、薄型高級腕時計ライナーの普及版として登場したのがこのスカイライナー、ロゴやデザイン、カラー等はカジュアル色が強く今の価値観では逆にスカイライナーの方が人気で高価なようで、この他の様々なタイプのスカイライナーを市場で確認できるが逆にライナーはあまり見かけない。
IMG_5183 - コピー
さてセイコーの機械式時計の全盛期ともいえる時代なので必然的に国産古時計を集めると同時代の時計ばかりになる(^^♪
IMG_5182.jpg

IMG_3611 - コピー
さてカジュアルなスカイライナーの中でもあまり見ない色使いなのが特徴ですね。
IMG_3610 - コピー
革ベルトは現代のセイコー製品と交換済。
以前、革ベルトの劣化について書いたが劣化以外にも長さにも問題がある。
日本人のサイズが今よりも小さい時代なんでベルトの長さも短くて純正だとはまらない場合もるので、そういうところもヴィンテージ、アンティークならではの特徴ですね('ω')ノ
IMG_3607_201703010548141de.jpg

IMG_3604.jpg

IMG_3603.jpg
デニム史側の目線で見ると国産ジーンズの創成期と被る時代の腕時計ですね('ω')ノ
アメリカ製デニム生地で作られた国産ジーンズである、キャントンやビッグジョンの初期モデルを履いた若者がはめていた~そんな時代の腕時計ですね('ω')ノ
スポンサーサイト