IMG_9537.jpg
19世紀末から20世紀初頭に掛けてポピュラーな存在だった襟脱着式のシャツ、デチャッタブルカラーのシャツ。
ここらヘンのヴィンテージ感よりもアンティーク感が強い時代の服に関して、国内の同じファッションジャンルのブランドの中では先駆的な立ち位置にあるのがブラックサインですね('ω')ノ
と言うか同社が旧ブランド時代の発売を開始した当初、周囲の冷めた反応、無関心が懐かしい(^^♪
今では他社の幾つかも追従している、だがブラックサインしかやらない行為を他もやりだすとそれが特別じゃやなくなり普通になりだすとブラックサインの強烈な個性がその多数の中に埋没する危険もあると言うか、なりつつありますね(´・ω・`)
そこが少し残念ですが業界全体の盛り上がりも大事なだけに服好きとしては微妙な心情です。
IMG_9562.jpg
さてこのタイプのドレスシャツベースの商品を過去に多数販売していた都合、生地だけじゃなく細部のディティールにおいても微妙に過去モデルとは違いがあり、気にするとキリがないと言うか買い続ける宿命を負う危険性もある(^^♪
IMG_9554.jpg
ブランドタグはユニチケと揃って裾裏に配置されている。
IMG_9553.jpg
マチ付きだが現代衣類らしく着丈はオリジナルに比べると短め。
IMG_9552.jpg
袖口はカフスリンクス仕様で場合により純正ボタンからアンティーク品と交換するのも面白いだろう。
IMG_9555.jpg
首元はカラー留めのボタンがそのままついているが・多分使わない。
IMG_9556.jpg

IMG_9558.jpg

IMG_9559.jpg

IMG_9561.jpg

IMG_9560.jpg

IMG_9551_20170312105557025.jpg

IMG_9550.jpg

IMG_9551_20170312105557025.jpg
もう誰でも知っていると思うのでディティール解説するのも面倒なんでしないが古風であり、つつも裾を出してベストに合わせて着れるシャツですね('ω')ノ
勿論その場合、襟は面倒なんでつけずにそのままラフに着たいですね('ω')ノ
スポンサーサイト