IMGP3565.jpg
以前、存在したセレクトショップのショップオリジナルジーンズ。
所謂レプリカジーンズ・ブーム自体は90年代ですが、それがネット等により、顕著化したのは実質的にブームが終焉した00年代前後だと思います。
大衆衣類としてはビンテージタイプのデニムに限らず、オーソドックスなジーンズさえも店頭では在庫とセールの山と化しラングラージャパンさえも消滅する~そんな時代でありながらも以前、同様に熱烈なファンたち、あるいはその熱情をネット等で後追いで引き継いだユーザーたちの間では盛り上がりを見せていた。

そんな時期に掛けての90年代終盤~00年代前半に掛けて、それまで以上に小規模な店舗単独でのブランドやジーンズが結構盛んに登場しては消えていった。
このモーリス&クラフトもそんな一本ですね('ω')ノ
旧コットンウールがモーリス&クラフト名古屋店として経営形態を変更後、登場したが所謂アメカジ、古着屋ではない同店で売るのは大変厳しかったのが想像出来る。
現在のように大手セレクトショップがレプリカジーンズやその範疇に属するジーンズを普通に販売している時代ではなかった。
さて、このジーンズ一種の売り上げなど無関係にモーリス&クラフトは廃業してしまい正に幻となってしまった。
IMGP3568.jpg
さて極太のリーバイスタイプ、国産、セルビッジデニムとまあビンテージタイプと呼ばれるジーンズの最低限の要素は当然、踏まえているが細部のパーツ使いやディティールに関してはかなり爪が甘いが~まあそれが当時らしい('ω')ノ
IMGP3561.jpg
意外な事に岡山や広島のジーンズ縫製工場ではなく、モデストガヴァンが製造している。
畑違いだが、これはこれで面白い( ;∀;)
IMGP3560a.jpg
革パッチはプレーンで金属パーツは汎用パーツの為、どこにもブランド名の記載がない。
購入者が記憶していないとメーカー不明、ブランド不明になってしまうが・・当時はそのようなレプリカジーンズは無数にあった。
IMGP3570.jpg
飾りステッチの無いバックポケットも当時らしいですね、厳密には90年代後半には主流派で今とは捉われ方が違う。
今ではユニクロなど廉価な大衆ブランドのイメージが強いようだが当時はドゥニームを筆頭にレプリカジーンズを象徴する「顔」でもあった。
その為、レプリカジーンズを手に入れられない人達の中には入手しやすいリーバイスのアーキュエイトステッチを抜いて履く~なんて現象もあった。
その後、レプリカジーンズにアーキュエイトステッチを求めるユーザの要求が高まるが、まあそれは別のハナシですね('ω')ノ
IMGP3571.jpg
バックポケット下部には当て布がされておりそれを留めるステッチが分かる。
エヴィスジーンズ等が取り入れたリーバイスとは異なるディティールだが無個性の中に個性を発揮する手法として当時よく見られた仕様ですね('ω')ノ
IMGP3572.jpg
さて懐かしいジーンズでしたが、70年代のジーパンブームやそれ以前のブームがそうであるようにレプリカジーンズのブームも懐かしい、あるいは忘却された、探究すべき過去になりつつあるようですね( ;∀;)
スポンサーサイト