IMG_0541_201704241825269d7.jpg
オリエント繋がりの最後はオリエントの前身である東洋時計のロックルです。
明治34年(1901年)設立の吉田時計店をルーツとするオリエントですが、戦前の腕時計でよく知られたペットネームはこのロックルとアイコクでした。
愛国を意味するそのままのアイコクは戦後、生産される事はなかったが戦後の混乱期において東洋時計はこれらロックルで戦後の時計業界で復活を遂げたが昭和26年(1951年)にはオリエント時計株式会社に社名を変更し以後、旧社名時代のネームを使用していないようなのでセンターセコンドの戦後タイプはロックルとしてはあまり見かけない。
戦後のスモールセコンドの方がよく見かける気がするが~まあ、どちらも希少で球数が少ない事には変わりはない。
IMG_0547_201704241825280aa.jpg
所謂10型と小型の為、何かしら他にも腕に巻いた方がバランスが良かったりする。
IMG_1098_20170424182528d77.jpg

IMG_9657_20170424182532890.jpg
スペシャルの綴りが間違っているのは戦後直後ならではのご愛敬。
同じように中日ドラゴンズもユニフォームの綴りを間違えていた。
IMG_9125.jpg

IMG_9132_20170424182727b66.jpg
裏面に東洋のネームを確認出来る。
戦前と戦後初期の時計事情としてブランド内ブランドのようなペットネームが普通でセイコーやシチズンのネームが無い別ネームの各社の時計が普通にあった。
ロックルにしろアイコクにしろエンパイアにしろ、ミニスター、ライト、チキュウなどそれが何であるか知らないと分からないネームだらけなのが国産アンティーク時計の世界ですね('ω')ノ
スポンサーサイト