IMG_7906_201705102043068df.jpg
まあ説明不要と言いたいが当時と違いやはり知らない人も多いので・・MLBの連続試合出場の記録2130試合をボルチモア・オリオールズ所属の遊撃手カル・リプケンjrが更新した時の記念ボールです。
野球グッズではよくある文字やらなんやらを印刷しただけのモノですがアメリカンリーグ公式球にプリントするなど、まあお土産品にしては良い雰囲気がありますね('ω')ノ
ちなみMLBはその後の再編で両リーグで共通のボールを使用している筈なのでア・リーグとナ・リーグで仕様が違った過去商品でもありますね。
IMG_7905_20170510204304697.jpg
紙製の箱入り。

さてリプケンjrが抜いた記録はベーブ・ルースのチームメイトで「鉄人」、「打撃王」の異名を持つルー・ゲーリックが1939年までに記録したものです。
戦前の記録を20世紀の終盤でようやく更新された訳ですが休養を適度にとり全試合出ること自体が稀なMLBでは「不滅の記録」と呼ばれ永遠に抜かれないとされていた記録を守備の負担がかかる遊撃手のリプケンjrが抜いたのは驚きであり全米が興奮した。
ドジャースで野茂がデビューした当時のスター選手、出来事なので当時のMLB人気と相まって日本でもそれなりに大きく報道されていたので認知度が高かったと思う。
スポンサーサイト