IMG_2260_201705230603146bc.jpg
何度も繰り返すがヴィンテージ復刻の狭い世界、いわばスモールマーケットと大衆向けのリアルクロージングの世界は平行線のようでいて結構交わっている。
の実例の一つですね('ω')ノ
IMG_2271_201705230603287b1.jpg
イメージ的に1930年代なんて言葉はここでは出せない、そもそも襟が外せる~ではなく襟が無いシャツだしパターンに古臭さはあまり感じないが~そこはスペルバウンドの位置づけ故に仕方がない。
IMG_2264_201705230603210fc.jpg
それでも日本製ってのは繰り返すがこのジャンルの特徴ですね('ω')ノ
他所には国産品である事を過剰にアピールするメーカーもあるが、ここにはそのような売り文句は無い。
IMG_2266_20170523060322b6e.jpg
胸ポケットが付くのもベストを必ずしも大前提としない故ですが~まあベストを合わせた方がより雰囲気が出るでしょうね。
ついでにサスペンダーもですね('ω')ノ
IMG_2263_20170523060319b5e.jpg

IMG_2262_20170523060318b81.jpg
裾の前立て部分のラウンドは股間をガードする古い時代のシャツの名残りですね('ω')ノ
裾自体は短いので完全に見せるディティールですね('ω')ノ
IMG_2261_2017052306031636e.jpg

IMG_2267_20170523060323703.jpg

IMG_2268_20170523060325982.jpg

IMG_2269_20170523060327d32.jpg

IMG_2272_20170523060329950.jpg
オムニゴッド、スペルバウンドの商品は栄のラシックに直営店があるのでそこで買っています~と言うか他で買う場所が無いというか(笑)。
スポンサーサイト