IMG_4246.jpg
ラングラーと言えばそれを展開するブルーベル社のイメージが強い。
勿論1986年には消滅しており日本の古着ブーム、ヴィンテージブーム、レプリカ&復刻ブームが始まった時点で既に存在していない存在だったにも関わらずメディア等のイメージが強すぎて90年代でも、いや00年代でもアメリカでの存在を信じて疑わない人が結構いたのに驚きだ。

つまりはラングラージャパンがブルーベル・ネームでワークウエアなデザインのカジュアル衣類を展開したのは消滅後であり、日本でアメリカのホンモノのブルーベルの製品が紹介された過去はないのだ、まあそうなればおかしな勘違いがあってもおかしくないところか。
IMG_4258_20170815091201671.jpg
トラウザー型で極太、ハイウエストの形状は全く今風とかカジュアルじゃないまあ今でもある作業ズボンの古い物ってのが本当のところですね。
インサイドタグでブルーベル社のブルーベル・ブランドのワークウエアだと確認出来る。
IMG_4254_20170815091155a4d.jpg
コインポケット。
IMG_4248.jpg

IMG_4249.jpg
ジッパーフライだがかなり古いタイプのジッパーが採用されていて実年代よりも古く見える。
IMG_4250_201708150911492f6.jpg

IMG_4251.jpg
帯裏にはサンフォライズ、セイルクロスを表わすスタンプが押されておりポケットも含めてジーンズと同じ丈夫な素材が採用されているのが分かる。











にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret