IMG_4247.jpg
さてブルーベル社と言えば複数のブランドを展開していたことで知られていますがメーカーのスタートであり原点は同名のワークウエアですね('ω')ノ
大戦中には米軍へ多くの衣類を納品し、俗に「マッカーサーのチノ」なんて呼ばれるチノパンでも知られているが、このハナシの真偽はよく分からない。
まあそれでも米軍にチノパンを納品していたのは確かであり、それらとこのようなワークパンツが近縁なのも確かですね。
IMG_4259_20170815091203062.jpg
とは言え年代が違うし素材の為、如何にも労働着ってイメージの方がかなり強いが。
IMG_4254_20170815091155a4d.jpg

IMG_4253_20170815091154982.jpg
タグ裏にはアーミーツイルの表記、この色が軍で使われていたとは少々思えないので色ではなく生地の織りが同等と言うことだろうか?
正直ミリタリーには興味ないので調べる気はないが。
IMG_4256_2017081509115947b.jpg
ジーンズのスレーキーと同じ素材であり同じスタンプが確認出来る。
ヴィンテージジーンズでは興奮モノですが、まあズボン本体が本体なので見えないところでようやく価値が認識できるって感じですね('ω')ノ
IMG_4257_201708150912005a9.jpg

IMG_4255_20170815091157ea5.jpg
ヴィンテージデニムと言うかラングラーではよく知られた丈夫なスレーキー素材とそれを誇る印字ですが70年代のブロークンデニム時代以降は採用されていないので年代判定が難しい単純な存在のワークパンツに特別な意味をやはり感じさせる。
IMG_4252_20170815091152635.jpg
両サイドシームはオープンシーム。
IMG_4261_20170815091206666.jpg

IMG_4260_201708150912043f5.jpg
当時ブルーベル社は同名以外にも複数のワークウエア・ブランドを展開していたが現在はそのほとんどを見ることが出来ない。
これもヴィンテージでしか、過去商品でしか見ることが出来ない存在ですね。













にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret