FC2ブログ
IMG_5509_20180909113803e40.jpg
ブームが終わろうが知名度が低かろうがスペシャルと呼ばれる高額ビンテージ衣類の一つがラングラー初期のデニムジャケットですね('ω')ノ
この111MJを始め11MJZなどは今でもその価値が下がらない希少な存在です、と言うか価格上昇があってもおかしくない。
IMG_5510_20180909113805740.jpg
ラングラーブランドがスタートして既に存在していたリーバイス、リーとは異なるデザイン的個性のある商品として販売されたのが俗にファーストと呼ばれる111MJですが60年代に入るとモデルチェンジを繰り返し歴史的には存在を忘却されるがビンテージブーム、復刻ブームで再度知名度が上がる事となる。
そう90年代以降、日本では復刻、レプリカで見飽きたデザインですが着てみるとオリジナルとはどれも全然異なるのでオリジナルの存在感は別格と言いたいがあれこれ薀蓄をたれる人の多くが全然型紙の違う復刻を基準に語るので会話がかみ合わない、ってのが当時の実情ですね('ω')ノ
だがそれも全て過去の出来事、今ではあれほどあったレプリカ商品もほとんど市場で見かけない。
IMG_5516_20180909113818294.jpg

IMG_5515_20180909113817beb.jpg
デニムの自然な縦落ち感、縫製糸の退色と半世紀以上前のモノが持つ歴史的存在の迫力はホンモノですね('ω')ノ
IMG_5514_20180909113813a3a.jpg

IMG_5513_20180909113812b2a.jpg

IMG_5511_20180909113808cfe.jpg
当然のセルビッチデニム、ノースロップ式シャトル織機で織られたビンテージデニムである事の証と言うか当時はコレが普通でした。
IMG_5518.jpg
スナップボタンの採用もラングラーの特徴。
破損しているのをあまり見た事が無い、ストア系ブランドでは60年代アタリでも破損やそもそも噛み合わせの悪いボタンを使っていたりする場合がある。
IMG_5517.jpg
ちなみに掛けているのはアンティークハンガー。
ここにもヴィンテージを取り入れてみた。
IMG_5512_20180909113810389.jpg

IMG_5511 - コピー

IMG_5512 - コピー
季節的には正にこれからですね('ω')ノアームの太さもラングラーの特徴(ホンモノの)なのでニット等を中に合わせてより長期の着用が出来るが・・当然ながら真冬には無理ですね。
とは言えこの上にオーバーベストを着れば事情は変わる(笑)。









スポンサーサイト