FC2ブログ
IMG_9143_20181010221705604.jpg
アイビースタイルのブームもあるが1960年代はボタンダウンシャツが大流行したのは間違いない。
当時の雑誌広告にはチェック柄のBDシャツの広告だらけだ。
この時代のBDシャツの基本的なディティールは襟裏込みで三点留めと襟裏下のハンガーループの組み合わせが代表格である。
だがガントを始めアイビースタイルの主流派は確かにそうだがそれ以前から存在する老舗シャツブランドであるハサウェイ、アロー等ではそうでない物が非常に多いし今で言うマイナーブランドでは実に細部のディティールはアバウトだ。
更にパターンに関しても従来のドレスシャツのような大きくラウンドしたアームのライン、緩やかなボディーラインを持つ50年代のようなモノから60年代らしいタイトでシャープなモノ、更にはオープンカラーシャツなどようなボックスに近いモノから約10年程度の間で多くのバリエーションもある。
縫製に関してもアメリカらしい二本針縫製がメインなモノからロック縫いがメインと時代を先取りしたモノから古風なシングルニードル縫製がメインのモノ、更にはそれら複数のミシンを組み合わた部位ごとに縫製仕様が異なるモノまであり、一口にコレが60年代だと容易く言える筈はない。
更に言えばマチ付きもあれば、無しもあるし、そもそも台襟の無いタイプもあるし、ボタンダウンシャツでありながら襟芯入りもあり、実に多くのバリエーションが60年代だけでも存在した。
IMG_9148_20181010221713587.jpg

IMG_9141_2018101022170230a.jpg

IMG_9142_20181010221704dd9.jpg

IMG_9144_201810102217076c5.jpg

IMG_9145_2018101022170838d.jpg

IMG_9146_20181010221710c40.jpg

IMG_9147_2018101022171243f.jpg

IMG_9149_20181010221715f6a.jpg
さてこのシャツはどうだろうか?
三点留めだがハンガーループは無い。
縫製はシングルニードルの伏せ縫いもあればダブルニードルもある。
マチは無いしややルーズなシルエットをしている。
見る人にはレギュラー古着、現代古着と区別がつかないかもしれないし人によれば細部の一つ一つから古さを、時代感を感じる事が出来るかもしれない。
まあ所詮は自己満足の世界がヴィンテージ古着の世界ですね('ω')ノ










スポンサーサイト