FC2ブログ
IMG_5837_2018121507543098a.jpg
名古屋市内、名駅の比較的傍にある赤レンガの建物の一つ。
もう一つはノリタケの森であり、そちらは陶器工場、こちらは繊維機械工場ですね('ω')ノ
名古屋市内、戦前の工業地帯の名残ですね('ω')ノ
IMG_5877.jpg
トヨタグループの創始者、豊田佐吉が1911年に立ち上げた「豊田自動織布工場」をベースに増改築及び色々な変化の中、「豊田自動織機製作所栄生工場」として明治、大正、昭和の時代、名古屋のモノ作りの拠点として活躍してきた歴史ある建造物も時代の流れの中、いつしか役目を終えたが、その後に大幅な増改築を行いトヨタグループのモノ作りの歴史を展示する博物館として現在は公開されている。
IMG_5845_20181215075431083.jpg

IMG_4326 - コピー
中の繊維機械、国産自動車の展示も良いが時代を感じる外観も良いですね('ω')ノ
IMG_4329 - コピー

IMG_4331_2018121507542351b.jpg

IMG_4796_20181215075423e73.jpg

IMG_4804_20181215075425bd3.jpg
中に入るとロビーに展示されている巨大な円形の織機は環状織機。
豊田佐吉はG型自動織機と同時にこの環状織機の研究開発をしていたがG型自動織機と違い製品化される前に豊田佐吉は亡くなり以後、この織機の研究開発は頓挫している。
その後はご存知のように自動車開発に進み、今のトヨタ自動車、トヨタグループへとつながる。
IMG_4807_20181215075426623.jpg
円形の形状から吊編機のイメージと混同し編機と誤解している人もいるがあくまでも織機、織り機である。
カットソー、ニット等を編む機械ではない。
通常、平たく生地を織る太古の時代から続く織機の常識を無視した大胆にして特殊な織機ですね('ω')ノ
狭い面積で広幅の生地を大量生産する事を目的にしていたらしいがG型織機のようなシャトルチェンジ機能は見当たらない。
IMG_5705_20181215075428bbe.jpg
色々見るだけでなく最後は食も楽しめる('ω')ノ
世間的には自動車開発の歴史を体感できる有料展示スペースのイメージが強いが個人的には繊維機械の歴史を感じられる展示スペースの方が楽しめる('ω')ノ





スポンサーサイト