FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-07

六月一日は「バッジの日」

IMG_0698_20190518065917cb2.jpg
そんな日があるがとは知らんかったし、大半の人が知らんと思う。
由来も思いつかないというか日本の場合、ダジャレや意味とは言えない理由で記念日を決めるケースが多いので、まあその類いだろうと思ったら本当にそうでした。
そもそも6月1日は「気象の記念日」で、気象(きしょう)と徽章(きしょう)の同音異語が元ネタで1993年に決まったそうな。
歴史もなければバッジそのものとは何の関係もない、まして今どき、徽章なんて言葉ほぼ使わんし。
更に云えば特別イベントや何か行事があるわけでもないし考えた方々には申し訳ないが世間に無数にありながらも存在を認知されない記念日の典型例ですね(´;ω;`)

IMG_0697_20190518065915e12.jpg
まあ、そんな事とは無関係にヴィンテージ、アンティークの缶バッジです('ω')ノ
19世紀から既にアメリカ等では文化として根付いていた缶バッジ、無数の宣伝、広告モノからお土産品まで膨大な種類と歴史がありますね('ω')ノ
それらを紐解くのも楽しいですが純粋にデザインとして楽しむのアンティーク物の活きたい使い道でしょうか。

IMG_0693_20190518065914dc6.jpg
古くても値段自体は手を出しやすい価格帯が多いですね('ω')ノ
まあ単純にバッジとして考えれば高い物もありますが年代を考慮すればサイズが小さいのでそれなりの値段に落ち着く。
勿論、古くてもさほど価値の無いジャンルも存在する。

IMG_0691_201905180659125f2.jpg
ビッグヤンク・ブランドを展開していたメーカーのシカゴ万博物です('ω')ノ
これは高額な部類の一つですね('ω')ノ
ワールドフェアや特定のメーカー、ブランド物等は年代関係なく値段が付きやすい。

IMG_0689_20190518065911b2a.jpg

IMG_0666_20190518065909e68.jpg

IMG_0662l.jpg
古物だけじゃなく大江洋服店のもあります('ω')ノ
現代モノですが古風なデザインであれば好みですね('ω')ノ

IMG_0105.jpg

IMG_0102.jpg
単純にコレクションとして所有する、ディスプレイ向けから、鞄や服の飾りとして今も昔も活躍するバッジの日と云う事でした('ω')ノ





















スポンサーサイト



ウエアハウス 1001XX 左綾 «  | BLOG TOP |  » OLD Levi's 501 1990年代

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (299)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード