FC2ブログ

2021-04

ヴィンテージ古着 ビッグヤンク 長袖ワークシャツ 1950~60年代

yank (5)
レプリカの山ポケの影響で再び脚光を浴びたビッグヤンク。
実名復刻も登場し過去の古着、ヴィンテージも注目されてはいるが、レプリカでの評価が最大の理由づけになっている風潮にやや違和感を覚える。
似たケースは多々あり、どちらかと言えばレプリカを蔑視する人ほどレプリカの人気や情報に左右されやすい傾向があるように感じるのは昔も今も同じですね('ω')ノ
ロッキーマウンテン、ブラウンズビーチ、ブラックシャンブレー(コバート)、ワバッシュ等々~類似案件は多い。

yank (6)
さて、どこにでもあるようなデザインのワークシャツです('ω')ノ
ビッグヤンクであるかないか、は兎も角として二本針縫製、マチ付き、オールコットン、襟芯ナシと基本的なポイントはちゃんとついてますね('ω')ノ
私的にはそれだけでも満足ですがやはり明確なブランドなのも更にウレシイですね('ω')ノ

yank (7)
襟のカーブラインも実に見事、ワークシャツですが絶妙な感じです('ω')ノ
既に大量生産の消耗品として大戦前のような個性はないですが、それでも現代には無い古物らしい風合いは言葉では表現しきれない実物の良さでしょうか。

yank (8)

IMG_1097_2020100307173832c.jpg

IMG_1096_2020100307173703b.jpg

IMG_1095_202010030717366b5.jpg

IMG_1094_20201003071735499.jpg
マチ付き('ω')ノで、マチはセルビッジ部分ですね('ω')ノ
時代的にはシャトル織機が主流の時代故の当たり前のファブリック事情も確認出来る。















スポンサーサイト



アンティーク広告 ビッグヤンク 1945年 «  | BLOG TOP |  » 10月4日 ラングラージャパン設立記念日

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (524)
ショップ&イベントレポート (334)
コレクション紹介 (2934)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する