FC2ブログ

2021-04

ヴィンテージ レガッタ ヘンリーネック半袖シャツ 1960年代日本製

IMG_6861_20200531163157d67.jpg
マイナーブランド物ですがデザインは1960年代の大定番ですね('ω')ノ
単色でリンガーTシャツを思わせる縁取り等、シャツではなくTシャツやスウエットでの同一デザインの方が有名ではある。
チャンピオン、ヘインズ、ラッセル、スポーツウエア等の同一デザインのカットソーで胸にカレッジやチームのロゴが入れば正に高根の花になるが、シャツ生地でマイナーブランドとなれば手ごろな商品になる。

IMG_6865_20200531163203702.jpg
明治維新以降、日本の主要輸出産業として栄えた繊維産業は生地を売るだけでは無く洋服を生産し輸出するまで発展するには時間がかかった。
分かりやすい記録では昭和20年代、戦後直ぐにシャツやワンピースを製品としてアメリカへ輸出していた記録が残っている。
1ドル時計(ワンダラーウオッチ)と同じく、1ドルシャツ、1ドルワンピースと呼ばれバカ売れしたが、保護貿易の機運が高まり徐々に制限、禁止事項が増え昭和20年代末には輸出禁止となる。
解禁後の1960年代、再びアメリカ服の生産地として重宝されたがそれも長くは続かなかったのはよく知られているところか。
兎に角1960年代の日本製カジュアルシャツはアメリカンヴィンテージの中の数パーセントを確実に占めてはいるが、まあ全体としてみれば決して多くは無いし特別に価値があるわけでもない。
とは言え、それ故にある面白味が古着の楽しみ方の一つでもありますね('ω')ノ

IMG_6866_20200531163205e0b.jpg

IMG_6864_20200531163202569.jpg

IMG_6863_20200531163200c5b.jpg

IMG_6862_20200531163159323.jpg

















スポンサーサイト



大和田 «  | BLOG TOP |  »  うなぎのやっこ

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (523)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2932)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する