FC2ブログ

2021-04

10月4日 ラングラージャパン設立記念日

今日から49年前の1971年(昭和46年)10月4日はラングラージーンズの日本における正規代理店ラングラージャパンが設立した記念日でもある。
VAN-ジャケットが40%、三菱商事30%、東洋紡績30%の出資で設立した同社はアメリカ製品の輸入販売が目的ではなくVANによるデザイン、企画、東洋紡による製造により、日本人による日本人の為のブルージーンズ、デニム製品を生産販売する企業であった。
つまり米国の三大ブランドのネームを借りながらも実態はジャパンデニム、国産ジーンズブランドと呼んでも良い存在だったりする。
生産は精紡一貫企業でもある東洋紡により、縫製だけではなく正に生地の元である糸からも自ら作り上げた純粋な国産ジーンズ群であり、そのルーツは1960年代の時点でVAN-ジャケットのジーンズの生産を請け負っており実績充分であった。
さてそんなラングラージャパンも今では存在しない。
00年に解散し1971年から続く29年の歴史に幕を閉じた。
現在の日本のラングラーはエドウィングループにより手掛けられている。

IMG_7464_20201004095915190.jpg

IMG_7404_20201004095914887.jpg
と言う事で1970年代当時の書籍、広告類からです('ω')ノ
現在では当たり前のアメカジ、アウトドア等の文化、アパレルの紹介も積極的に行っていたラングラージャパンは本場のウエスタンブランドとはまた違うラングラーのイメージで日本市場で大きな存在となった。(完全な過去形)

IMG_1326_20201004095912dbf.jpg

IMG_1325_2020100409591183b.jpg

IMG_1317_20201004095909b8b.jpg
ギャルと言う造語を日本で広めたのはラングラーギャルズと言うレディース・ラインのキャッチコピーからなのは意外と知られていない。
IMG_1315_202010040959082a0.jpg
他にも独特な表現や造語を使用したあたりはVAN-ジャケットの手法を想起させるが現代に残っている言葉はほとんどない。
IMG_1311_20201004095906012.jpg

IMG_1308_20201004095905fac.jpg

IMG_1297_20201004095903015.jpg
今見ると昭和臭さを感じるのは当たり前である。
昭和時代の日本の出来事であり、日本人が作り出したデニムであるのだから。

IMG_1294_20201004095902ea0.jpg
ジーンズ自体が当たり前の衣類になる途中、通過点の出来事は意外と忘却されやすい。
神話化された極端な過去のイメージと近場の近代だけが事実のように語られるのはやや寂しい気がする。





















スポンサーサイト



ヴィンテージ古着 ビッグヤンク 長袖ワークシャツ 1950~60年代 «  | BLOG TOP |  » ニューバランス MD575ERB

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (523)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2932)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する