FC2ブログ

2021-04

MONTGOMERY WARD POWR HOUSE 101 ライナー付フルジップ・デニムジャケット 1960年代

101 (1)
三大ストアブランドなんて呼名で知られていたモンゴメリーワードも既に消滅し、デニムジャケット、G-ジャンのブームも終焉しているがまあヴィンテージの世界に賞味期限は建前上無いので今でも現役?希少なヴィンテージデニムと言うところか。
101 (2)
パワーハウスのラインで販売されていたフルZIPのデニムジャケットでリサイクルウールのライナー付。
サードモドキではなく2ポケでセカンドモドキと言うか丸カンヌキはラングラーぽいとでも言うか、袖ボタはスナップボタンだし、まあそんな三大ブランドを想起させるデザインがまあストア系の本領って感じですね('ω')ノ

101 (4)

101 (3)
縦落ち感の出ているデニムは綾織、ストレッチとまではいかないがソフトな質感で裏地と合わさった厚みにストレスを感じない生地感。
まあつまりはラングラーに近いと言う事。

101 (5)
ホールに通すドットボタンはトップのみ、ある意味24MJZにも近い感じがするが作りは全く違う。
101 (6)

101 (7)
ブランケットは1960年代のカバーオール、G-ジャンでよく見かける、メーカーに関係なくよく見かけるモノですね('ω')ノ
101 (8)

101 (9)

101 (10)
今年に限らず暖冬傾向の近年では結構、出番がある。
以前は真冬では耐えれない、それほど保温性は無い冬着だったが気候の変化で真冬に着れる。

101 (11)
スコービル&グリッパーのWネーム。
ラングラー等1960年代前半の上着にはよく見かけるパーツですね('ω')ノ
スポンサーサイト



EMPIRE&SONS ネルシャツ 日本製 «  | BLOG TOP |  » ブラックサイン CPОウールシャツジャケット

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (524)
ショップ&イベントレポート (334)
コレクション紹介 (2934)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する