FC2ブログ

2021-04

PRINCETON SWEATERS JACKETS MADE BY KNITTING MASTERS 1940s~1950s

IMG_2203_202012172011436c7.jpg
ヴィンテージを象徴するアイテムの一つですね('ω')ノ
肉厚でセーターと言いながらもほぼアウターのような迫力あるスポーツウエアは古着ブーム以降、人気アイテムであったがそれでも不人気時期や近年の持ち上げ等、その評価は上下する。
アメカジと同じくビンテージ古着も、いやまあ服それ自体に流行りと廃れを繰り返す周期が必ずある。
イチイチそれに振り回されるのは面倒だが、まあ世の中はそんなモンですね('ω')ノ

IMG_2209_202012172011546ec.jpg
ブランドタグはよく見るヤツですね('ω')ノ
そこの安心感がある。

IMG_2210_2020121720115591c.jpg
横に広がったネックはジャンルが異なる古いセーターでも見られる古物らしいディティール。
横に初めから伸びたような作りなので脱ぎ着がしやすい。

IMG_2208_202012172011523b3.jpg
肉厚すぎるウール100%を更にダブルカフスにすると腕時計がはまらなくなる。
IMG_2207_20201217201151efa.jpg

IMG_2205_2020121720114834a.jpg
レタードノが無いシンプルなプレーンのままです('ω')ノ
これが良いのか悪いのか時代により評価が分かれる。
比較的近年はレタードを忌諱する傾向が強い、プレーンでシンプルな物が好まれていますね('ω')ノ
以前は逆だったが・・
そう言えば類似するスポーツウエアとしてスタジャンことアワードジャケットも派手なデコレーションが90年代には好まれたが21世紀以降はその潮流は途絶えている。

IMG_2204_202012172011467ec.jpg

IMG_2206_20201217201149f4a.jpg
基本的に防寒性能が高いので真冬でも着用可能、なんなら上にオーバーサイズの薄手の上着を風よけに着れば完璧と言いたいがカウチンやカーディガンと違い屋外から暖房の効き過ぎたエリアに入った際にすぐに対処できない難点もある。
まあ脱ぎやすいと言っても所詮は被り物である('ω')ノ
スポンサーサイト



サンデービルヂング マーケット 『柳ケ瀬(やながせ)商店街』 «  | BLOG TOP |  » 手打ちそば処 丁字屋

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (524)
ショップ&イベントレポート (334)
コレクション紹介 (2934)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する