FC2ブログ

2021-04

オールドケンタッキー ウエスタンジーンズ 1960年代デッドストック

old (5)
マイナーブランドの雄、オールドケンタッキーのジーンズ('ω')ノ
左綾デニムの所謂ラングラータイプのデザインですね('ω')ノ
デニムが本業ではないブランドやデニムはやっていてもジーンズが主力ではないブランド等のジーンズは三大ブランドのデニム製品を模倣する傾向が強い。
ブランド不明など本当のマイナーなら兎も角、名のある大ブランドでもそうなのが不思議ですね('ω')ノ
大戦前の時点でリーバイスタイプは訴訟問題があり微妙に模倣し辛い環境があり、ラングラータイプ、リータイプと俗に言われるデザインが実に多い。
このオールドケンタッキーもどちらかと言えばラングラータイプに属するが他のラングラータイプ同様に微妙なアレンジがされている。

old (8)
バックポケットの飾りステッチはビッグヤンクのジーンズ、G-ジャンに酷似している。
まあビッグヤンク自体がラングラータイプのデザインを上下共に何十年も展開していたので模倣の模倣?と勘ぐってしまう。
それでもブランドラベルの位置は独特だ。

old (1)

old (11)
ジッパーフライでテープの取付位置もラングラーと同じだがトップボタンはスナップボタン。
old (10)
サイドシームはダブルステッチでここもラングラーと同じ。
old (2)

old (7)


old (12)


old (9)

old (6)
リベットはどちらかと言えばリー似か。
コインポケットはラングラー似の内ポケ式。

old (4)

old (3)
左綾デニム、7本ベルトループ、バックヨークの折り返し向きもラングラー似、ですね('ω')ノ
昔から三大ブランド以外のヴィンテージデニムに強い個性や珍しさを感ずる人はそれなりに多く、まあ年代の割に安かったので手を出しやすかったが流石に1960年代以前の場合、元々それなりの価格なので今ではこれらも希少なヴィンテージデニムとして一定の評価はされているが・・もっとされてもイイ気がする。
スポンサーサイト



Ooe Yofukuten OA02-1017 «  | BLOG TOP |  » オムニゴッド デニム・ハーフジップ・ワークシャツ

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (522)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2928)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する