FC2ブログ

2021-04

NEWLYN FISHERMAN'S SMOCKS

FI (4)
イギリスのニューリン地方で漁業関係者が着用する伝統的なワークウエア、フィッシャーマンズスモック('ω')ノ
伝統的な労働着と言っても既にカジュアル化しておりヨーロッパ古着だけでなくインポートでごくまれに見かけるケースがあったが近年は久しぶりに日本市場での露出度が高いですね('ω')ノ
コレも伝統のイギリス製ですが大雑把で時が停止したかの作りから正確な年代が分からん。
カジュル化した素材やカラー、ブランドタグ、英国旗タグ等がなくハッキリしない。
色合いは薄いフェードしたような色合いを意図して作られたデニムですね('ω')ノ
時期や国、メーカーで名称が異なるがブリーチデニム(正確にはブリーチしたような、であり加工はしてない)の一種でアメリカ製では1970年代に流行ったが近年ではあまり見かけないが存在しない訳ではない。
まあ、いずれにしろ今風な濃紺のデニムでもなければ80年代ぽい青味の強いブルーデニムでもないが個性として映える。

FI (2)
タグ付きのデッドストック?まあ90年代~なのだろう。
FI (3)
被り物でスモックと言いながらもショート丈でBOXスタイルと個性的と言うかシンプルと言うか単純な作りが伝統的な労働着らしい。
FI (1)

FI (5)

FI (6)
元々ジーンズ文化が戦前にはなかったヨーロッパですが色味の異なるデニム生地自体は大戦前も存在していた関係でアメリカや日本とは異なる独特の個性あるデニム製品がヴィンテージ市場にも多数、存在する。
ので、まあ時にはこのような変化球もありかと思います。
スポンサーサイト



ヴィンテージ メーカー不明 ペインターパンツ 1940年代 «  | BLOG TOP |  » chairmade デニムパンツ・ブロークンデニム

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (524)
ショップ&イベントレポート (334)
コレクション紹介 (2934)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する