FC2ブログ

2021-04

大江洋服店 オーダーメイド ジーンズ

IMG_3811.jpg
時代とともに在り方は変わると言う事で大江洋服店のジーンズですが現在のような精密なヴィンテージ復刻製品を手掛けるスタイルへと確立する以前、定番デニム類とは別にオーダーメイドもメインの商品構成でしたが現在は終了しています。
ので、その時代を覚えている人、知っている人は今では少数派ですね('ω')ノ
と言う事で10年以上前のオーダーメイドジーンズです('ω')ノ
基本はリーバイスタイプですが随所に遊びを入れました。

IMG_3808_2021010208012554a.jpg
デニム生地は珍しい国産のセルビッジ付きのブロークンデニム('ω')ノ
縦落ち感が凄いですね('ω')ノ
一時期、中古加工デニムの素体のように使用されていたブロークンデニムたちと同系統の素材でしょうか。
アメカジとは違うジャンルで派手な色落ち素体としての実績がある以上、普通に穿いてもこの具合です('ω')ノ
”ブロークンデニムは縦落ちしない”神話は既に信用を喪失していた時期故に特筆すべきネタではなかった。

IMG_3809.jpg
ボタンフライ。
IMG_3810.jpg
アウトサイドシームはオープンシームでセルビッジを顕示している。
左バックポケット上にもレザーラベル付き。
リーバイスそのもの、と言うよりも模倣したマイナーブランドのイメージでそのような要素、ディティールを追加、変更したオーダーだった覚えがある。

IMG_3824_202101020801456f9.jpg
裾の折り返し幅、位置もそのような1960~80年代のマイナーブランドを参考にしている。
IMG_3822_20210102080144239.jpg

IMG_3820_2021010208014273d.jpg
レザーラベルは鹿革で水に強い性質ゆえ、適度な経年変化のみで柔軟さは維持されている。
IMG_3819_202101020801419fb.jpg
バックポケットのステッチは飾りではなく当て布をとめる為のステッチでもある。
よーく見ると段差や生地の厚みにより表情が分かる。

IMG_3818_20210102080139e35.jpg

IMG_3817_20210102080138eeb.jpg

IMG_3816_20210102080134877.jpg

IMG_3814_20210102080132597.jpg

IMG_3812.jpg

IMG_3815_202101020801339bc.jpg
ブロークンデニムと言えばラングラーのイメージは強いがアメリカのそれらとは表情の全く異なるブロークンデニムだが日本人好み故にラングラージーンズやラングラーレプリカで採用されてもイイがするが似たようなセルビッジ付きキバタダニムを採用した例を私は知らない。
スポンサーサイト



RED KAP ジーンズ «  | BLOG TOP |  » ラングラー デニム・スキーベスト 1970年代

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (522)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2930)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する