FC2ブログ

2021-04

ブランド不明 バックルバック付きジーンズ 1940年代

40S_DENIM (2)
ラベル欠損でブランドは不明。
アーキュエイトステッチに酷似した飾りステッチとバックルバックが特徴で1930年代~40年代に掛けて存在した所謂リーバイスを模倣したジーンズ、デニムパンツですね('ω')ノ
時代的にはウエストオーバーオールズと呼ぶのが正しいか、ジーンズと言う呼び名は使用されてない。

40S_DENIM (11)

40S_DENIM (3)
トリプルステッチ縫製でライトオンスデニム('ω')ノ
ペインターパンツにも通じるワークウエア('ω')ノ

40S_DENIM (4)

40S_DENIM (1)

40S_DENIM (5)

40S_DENIM (8)
リベット類はかぶせ式を採用。
40S_DENIM (7)
ウエストオーバーオールズがジーンズへ進化、変貌する途中に喪失していったディティールであるバックルバック。
既にサスペンダーボタンはなくなっているがコレだけでも戦後には見られない時代背景を持つディティールだ。

40S_DENIM (6)
リーバイスを模倣した飾りステッチだがそもそも19世紀、リーバイスが本当に最初かどうかは不明。
40S_DENIM (9)
なんらかのラベル跡。
ここが残っていれば価値は大きく変化する。
まあ現状でも10万円以上が普通のヴィンテージデニムですが('ω')ノ

40S_DENIM (10)
トップボタンは月桂樹のドーナッツボタン('ω')ノ
ここから30年代ではなく40年代ぽく思える。

40S_DENIM (20)
リベット裏。
ほぼラングラーでお馴染のスクラッチレスリベットと同型だ。
ラングラーのそれをリベットの向きを逆にした~と言う表現を昔はよく見聞きしたが、その表現の元はこのようなパーツ使いがそれ以前よりあるが故に、だったようですね('ω')ノ
40S_DENIM (19)
ボタンフライなのでフライボタン('ω')ノ
これもドーナッツボタン。

40S_DENIM (18)

40S_DENIM (17)

40S_DENIM (15)

40S_DENIM (16)

40S_DENIM (14)

40S_DENIM (13)
バックルバックは当然ですが針シンチ('ω')ノ
40S_DENIM (12)
90年代後半~00年代初期には一部のヴィンテージに強い古着屋では19世紀末~20世紀初頭のジーンズ、オーバーオールズですね('ω')ノ それを多々見る機会があった。
勿論、展示ではなく販売されていた。
近年ではそのような事はほぼ皆無でこのようなバックルバック付きでさえ出会う事は稀である。
スポンサーサイト



サイクルワークス デニム ワークシャツ 日本製 «  | BLOG TOP |  » ロックマウント デニム ウエスタンシャツ アメリカ製 00年代

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (523)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2932)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する