FC2ブログ

2021-04

マクレガー ドリズラージャケット 1960年代

IMG_0917_2021040618504825a.jpg
ビンテージの定番にして人気アイテムだったのは過去のハナシですね('ω')ノ
それでも特別感のある存在であるのは否定できない。
20世紀のアメリカを代表するマクレガー社の数々のビンテージの中でジェームス・ディーンとの結びつきで更に特別感のある存在として知られるドリズラージャケットですが正直、赤色以外はそれほどの人気ではないが、まあやはりドリズラージャケットと言うだけで類似するライトアウターの中でも特別な存在であるのは否定出来ない。

IMG_0924_20210406185059260.jpg

RenderedI (75)
ブランドタグ('ω')ノ
IMG_0927_20210406185103b94.jpg
もはや説明不要な作りは歴代の同社製品だけでなく数多くの他社、年代で模倣されている。
まあ日本のレプリカも同じくだ。

IMG_0918_20210406185050e2f.jpg

IMG_0920_20210406185053ee4.jpg

IMG_0919_20210406185051105.jpg
タロンジッパーの先に付属するチャームは残念ながら欠損している。
RenderedI (74)
セルビッジ付き('ω')ノ
RenderedI (73)
ベンチレーションホール('ω')ノ
IMG_0926_20210406185102ae0.jpg

IMG_0925_202104061851005cb.jpg

IMG_0923_20210406185057f75.jpg

IMG_0922_20210406185056707.jpg

IMG_0921_202104061850554b0.jpg
よく言われるハナシでジェームス・ディーンが着用したのはマクレガー社の製品には違いはないがドリズラージャケットではなくライナー付のナイロンアンチフリースだが何故ドリズラージャケットだと誤解され続けたかと言えば映画用の衣装の多くは後染めで色付けされておりナイロンアンチフリースの白いライナーも赤く染まっており、その為、そう誤解されたようだ。
同じようにリーのジーンズを着用していたがリーバイスと誤解された理由は、ジーンズをリーバイスまたはリーバイと呼ぶ俗称がそのままリーバイス社製と誤解されたが為のようだが、まあ意外と勘違いが流行の原因だってのはよくあるハナシのようだ('ω')ノ


スポンサーサイト



ミツル&大江洋服店 白リネンカバーオール

WHIO (5)
大須のアンティークショップが数年前に大江洋服店に別注した白リネンのカバーオール('ω')ノ
ファブリックはデッドストックの白リネン、ボタンはそのお店でアンティークのチェンジボタンを別に購入し交換済み、と素材的には古物感たっぷりだ、勿論アンティークミシンでの縫製や再現されたディティール等も加味すればかなり古物感、ヴィンテージ感の強い現代衣類だと言える。

WHIO (12)
ユニオンチケット付き('ω')ノ
WHIO (4)
分かりづらいが左右非対称な胸ポケ('ω')ノ
WHIO (7)
内ポケにつくブランドタグも二つ並ぶ('ω')ノ
WHIO (3)

WHIO (2)

WHIO (1)
チェンジボタンは当時ものなので多少の錆など経年変化もしている。
WHIO (15)
袖口はチェンジボタンではなく黒いドーナツボタン。
WHIO (10)

WHIO (14)
背面はラグランスリーブ、前面はセットインスリーブに見える希少な仕様。
WHIO (13)
チェンジボタンはUS-NAVYだが揃いのボタンで合わせてある。
WHIO (9)

WHIO (11)

WHIO (8)

WHIO (6)
リネンと薄手なので、このシーズンでも使いやすいカバーオールでもある。

喫茶店の日

シルビア (60)
4月13日は「喫茶店の日」('ω')ノ
由来は1888年の4月13日、東京・上野に日本初の喫茶店が開業したのを記念して、「喫茶店の日」に制定されたそうです('ω')ノ
珍しく?ちゃんとした理由のある記念日ですね('ω')ノ
と言う事で喫茶店です。
大須のシルビアでの過去画像です('ω')ノ

シルビア (27)

シルビア (17)

シルビア (50)
アンティークと美味の親和性?
シルビア (51)

シルビア (45)

シルビア (41)

シルビア (36)
過去、数年分の、ですが昨年以降は疫病蔓延の影響で全然行ってない・・
シルビア (33)

シルビア (25)



シルビア (2)

シルビア (4)

シルビア (9)

シルビア (3)

シルビア (8)

シルビア (12)

シルビア (13)


シルビア (20)



シルビア (16)
さてこれだけ行っていれば、さぞかし喫茶店に行くのが日常化していると思われるかもしれないが実はそうでもない。
特異な喫茶店文化もある愛知県であるが地域によりその有無や頻度は異なる。
私的には近隣の生活圏にほとんどなく昔から今でも実は日常生活の中で利用する機会はほぼ無い。
と、言う事で週末、大須などに出向いた際に利用するくらいなので行く場所がかなり限定されているのはその為でもある。

シルビア (13)

キャピタル コットンサマージャケット

kap (5)
ウオッシュ加工された一枚生地のジャケット('ω')ノ
夏物の分類で販売されていたが今の夏場で着れる筈もなく、サイズをあげて春先用にしている。
キャピタル製品にしては過度なデザインもなく普通に着れる服ですね('ω')ノ

kap (2)
内ポケにブランドタグがつく。
kap (9)
内ポケの位置がえらい下にあるのがキャピタルらしい?奇異なディティールか?
kap (8)
普通に見ればキャピタル製品と気づかれない。
kap (7)

kap (6)

kap (4)
イイ感じにウオッシュ加工で経年変化が出ている。
kap (3)

kap (1)
数年おきに買う機会のあるキャピタル製品ですが数年前にコレを買ってから次の購入の機会はない・・次はいつだろうか??

シュガーケーン(スタイルアイズ) ドリズラージャケット

redred (13)
永遠の定番である赤いドリズラージャケット('ω')ノ
ジェームス・ディーン人気で1950年代のマクレガー社だけでなく数多くのメーカーで類似製品が販売されたのはよく知られているハナシ。
基本的にブルーデニムと赤の配色は合うのでアメカジでは赤いトップスは比較的時代無関係に多い気がする。

redred (7)
シュガーケーンでは過去数回、販売しているマクレガータイプでコレは少々古いタイプ。
繰り返し数年置きにシュガーケーンに限らずドライボーンズ、クッシュマンで類似製品が販売されているように日本でもある程度の定番性はあるがやはり昔を知っているオッサン向けなのは否定出来ない。
リアルクロージングの世界では赤いショート丈のライトアウターは全く流行っていない。

redred (3)

redred (2)

redred (4)
ちゃんとセルビッジ付き。
元ネタのマクレガーでもセルビッジは確認出来る。

redred (1)

redred (11)

redred (14)

redred (12)
マクレガー社の元ネタをかなり忠実に再現している。
元ネタは古着屋で見る機会は近年、全然ない。

redred (10)
ジッパーのつまみに追加されているチャームは1950年代~1960年代ではよく見られた仕様ですね('ω')ノ
ユーズドだと欠損しているケースが多いが各社個性的なチャームをジップに付け、比較的シンプルなデザインのジャケットに個性を持たせている。
レプリカの場合、再現されているケースは稀である。

redred (9)
襟下のチンストは100%使わない。
redred (8)

redred (6)

redred (5)


キートンチェイスUSA ラングラー77MWZタイプ

IMG_1839_20210328130234aba.jpg
4ポケ、フルジップ、ラングラー124MJZの同型で生地違いの77MJZタイプのデニムじゃないが、まあG-ジャン('ω')ノ
今どきのジージャン事情では超不人気から特定のリーバイスタイプのヴィンテージ及び特定の復刻、レプリカのみが過剰に神聖視される微妙な状況の中、そんな神聖な在り方でさえ特定のジャンルのみで見られる状況なんで、まあ世間的には不人気のままですね('ω')ノ
で、そんな大衆受けしない部材の中から更に大衆受けしないラングラータイプを企画する、更に云えばラングラータイプの中では復刻&レプリカ派の中ではメジャーではない存在をあえて選択するところは称賛に値する。

IMG_1851_20210328130255ddf.jpg

IMG_1849_20210328130252aa4.jpg

IMG_1840_20210328130237765.jpg
両胸ポケットは飾りステッチの無いシンプルなデザイン('ω')ノ
IMG_1841_20210328130239a7e.jpg

IMG_1842_20210328130240579.jpg
丸カンヌキ、スナップボタン等、基本的なディティールは再現している('ω')ノ
IMG_1843_202103281302421c1.jpg
ジッパーはYKK製でツマミはユニバーサルネームのWジップ仕様。
IMG_1844 - コピー

IMG_1853_20210328130258cfe.jpg
背面から見るとアクションプリーツ付きなのが分かる。
IMG_1852_202103281302570a2.jpg
ウエストのボタンは汎用パーツ、基本的にブランドネームが入らない汎用パーツ類が主ですね('ω')ノ
IMG_1850_20210328130254191.jpg

IMG_1848_202103281302511dd.jpg

IMG_1847_20210328130249a83.jpg
キートンのネーム入り黒タグが付く。
配色的にホワイトリーバイスを想起するが、まあ元ネタの年代と非デニムという類似性からなんとなく許容できるパーツ使い。

IMG_1846_20210328130247510.jpg

IMG_1845_20210328130246cb6.jpg

IMG_1844_20210328130245c75.jpg
ジャンル的にキートンチェイスの商品らしくないが、まあ純粋なデニム&ウエスタンじゃないのでOKなのだろう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (522)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2930)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する