FC2ブログ
IMG_8222_20181027075854d45.jpg
古着屋でラングラーのバンダナを探す際に面倒なのはロープロゴの総柄のような分かりやすいデザインもあればこのように市販のデザインにロゴのみ追加したものが実は複数あると言う事だ。
たたみかたでロゴが見えないと気付かずスルーしてしまう。
IMG_8220_20181027075851867.jpg
このロゴが全てですね('ω')ノ
IMG_8221_20181027075853792.jpg
よくあるデザインですがラングラーネームというだけで特別な意味を持つ。
IMG_8223_201810270758569e8.jpg
IMG_8224_201810270758573a0.jpg

IMG_8225_20181027075858eb1.jpg


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Wrangler】70TH ANNIVERSARY デニムバナー ラングラー
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)








IMG_2223_201810270755183bc.jpg
1970年代のラングラージャパン製の革ジャン。
ロング丈、ウエスタンヨークと如何にもカウボーイスタイルに合うデザインですね('ω')ノ
ウエスタン色を出さずに展開していた当時のラングラージャパンにしては意外な気がするが、まあ意外と言わないだけで製品はアメリカンカウボーイ、ウエスタン、ワークウエアを忠実に再現していたと言えますね('ω')ノ
IMG_2230_20181027075523be1.jpg

IMG_2225_20181027075520a87.jpg

IMG_2226_20181027075521ebf.jpg

IMG_2224_20181027075519f26.jpg

IMG_2231_20181027075524a2f.jpg
どことなく昭和の雰囲気のあるレザージャケットですね('ω')ノ








IMG_4871_201810270744077b7.jpg
ラングラーのワークシャツタイプのネルシャツ。
一応アメリカ製ですが同じ商品で国外生産品も存在する。
この頃、茶色のタグで数多くのシャツ類が販売されていたが生産国のバラバラさはこの時代らしい。
今のような中南米生産以外にアジア各国から欧州と国名を見るだけでも楽しめると言うか、どんな面倒な流通経路と言うか、そんな具合ですね('ω')ノ
IMG_4865_20181027074404393.jpg

IMG_4867_20181027074406049.jpg

IMG_4874_201810270744099f0.jpg

IMG_4875_201810270744105c6.jpg
同時代のビッグマック、エルエルビーンに比べると薄手で如何にもカジュアルシャツと言う感じが逆に使いやすいところでしょうか。









IMG_3945 - コピー
戦後、販売されたシチズンの懐中時計。
センターセコンドで手巻き、ビッグCマーク入りが特徴ですね('ω')ノ
時代的に昭和30年代頃、腕時計に主役の座を奪われているがまだまだ懐中時計に需要があった時代のものですね('ω')ノ
IMG_1167_2018102623020427c.jpg

IMG_1168 - コピー
当然ながら実用しております。
IMG_1169_2018102623020722e.jpg
国産の懐中時計と言えばセイコーのイメージが強いし事実、市場での玉数、人気もそうなんですがそれ故にあえてシチズンってのも良いですね('ω')ノ








IMG_5249 - コピー
1ドル時計、あちら風に言えばダラー・ウォッチ。
19世紀末にそれまで高級品であった時計を庶民、肉体労働者でも持てるように販売されたのがこの低価格の時計ですね('ω')ノ
機構的に通常の懐中時計のような精密機械というよりも目覚まし時計のような単純な機構でオーバーホールを前提にしていない作りの為、分解修理が非常に難しく、というかほぼ無理だし精度もイマイチだった物です。
それ故に現代に残っている物は当然、作られた当時よりも精度は悪い。
IMG_5250 - コピー (3)
本来、肉体労働者のワークウエア、あるいはその復刻に適した懐中時計とも言えますね('ω')ノ
ウエストクロックは割と近代まで生き残っていたアメリカンブランドで80年代頃まで意外にも国内生産していたようです。
これは1960年代のものですが大差はあまりない。
IMG_6151_20181026225550e38.jpg
誕生当時は大衆向けでしたが時計がより低価格で社会全体に普及すると1ドル時計は子供用などして販売されていた側面もあるようです。
まあクオーツ全盛の1980年代でも子供用の始めての時計としてセイコーが販売していたのは手巻き、自動巻きだったりす。
今とは真逆で時代遅れとされた機械式時計の方が安かったからですね('ω')ノ
IMG_9922 - コピー (2)
さて冬場の重ね着で袖を捲って腕時計を見るのは面倒というよりも懐中時計に向いたポケットがたくさんあるのでそれを活かしたファッション、生活を楽しみたいですね。









IMG_0211_201810262251553a7.jpg
1892年創業、インガーソルの20世紀初頭の懐中時計。
当然ながら手巻きのアンティーク物なので雰囲気は抜群です('ω')ノ
ヴィンテージやその復刻など古臭い衣類を愛好する者にとって時計もそうあるべき~と思うのは実は少数派だったりする。
昔から今でもG-ショック、ロレックスなどいわば時代の流行り物を合わせる人は実に多いが、まあ雑誌やムック本で古着特集とセットで現代の時計を紹介する手法が繰り返されているので仕方がない。
既に90年代のヴィンテージ古着、ヴィンテージレプリカのブーム初期からそうなので完全に私は少数派だったし今でもそうだ。
勿論アンティーク時計の愛好者は多いし専門誌などもあるが、まあジャンル違いとされるケースが何故か多い。
が併し繰り返すが折角、懐中時計を入れる専用ポケットのある服や時代設定の合う服を着る以上やはり合わせたくなるのが趣味人のあるべき姿だ。
と思いたいですね。
IMG_0213 - コピー

IMG_0214 - コピー
やや大型でカバーオールなどワークウエアとの相性が良いサイズ感、デザインですね('ω')ノ
IMG_0215 - コピー
さて行く先々のお店で「アンティークの懐中時計を実用している人を初めてみました」と言われつづけてもう飽きたが多分、今後も言われ続ける気がする。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ingersoll社製 懐中時計 イギリス
価格:6588円(税込、送料別) (2018/11/14時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インガソール INGERSOLL 懐中時計 ミッキーマウス ZR25834
価格:45360円(税込、送料無料) (2018/11/14時点)