FC2ブログ
IMG_0218_20180518211326dd8.jpg
ジェームズ・ディーン(James Dean、1931年2月8日 - 1955年9月30日)享年24歳。
今更説明不要な存在、ジミーことジェームス・ディーンの誕生日ですね('ω')ノ
主演映画はの三作品のみ残し交通事故で若くして亡くなったが全てが世界的なヒットをし、特に若年層への影響力が強くその痕跡は現代のメンズファッション文化に色濃く残っているのは誰しもが知るところでしょうか。
IMG_0221_20180518211329559.jpg

IMG_0223_20180518211332ef6.jpg

IMG_0225_20180518211335464.jpg
『理由なき反抗』(1955年)『ジャイアンツ』(1956年)の二作品で常時着用していたのはリーの101Z。
ジーンズが労働着から戦後、一部の若者文化に広がりつつあったが「不良のアイテム」的な否定的なイメージをともなっていた時代において普遍的なファッションアイテムとして広めたのはジミーのジーンズ姿であった。
実際に履いていたのはリーバイスではなくリーだが、メーカー関係なく世界で広まった。
日本でもエドウィンやリーバイスが以後の時代、ジミーを宣伝に利用していた時期があった影響で80~90年代ではリーバイス着用の誤情報を信じ込む人が多かったですね('ω')ノ
海外のドキュメンタリー映画でも当時を知る世代の証言で「リーバイ」と言う言葉が繰り返し登場する。
言うまでもなく1947年にラングラーがジーンズと言う名称を初めて使用する以前、呼び方はメーカー、地域、世代、媒体によりバラバラで5ポケット・デニムパンツ=ジーンズが定着するのは1960年代初頭と言われている。
つまりジーンズの名称が定着しだしたころ古い呼び名の一つであるリーバイを連呼する年寄りの意図を理解出来ずリーバイスであると言う誤った認識をする世代が世界的に広がった。
更にこの映画のフィルムや情報が二次的作品にも広がり、メーカーの宣伝とは別に「ジミー=リーバイス」の誤認識は世界中の各世代に拡散した。
さてこの誤情報のプラスの側面を見るとジーンズ文化の全世代への普及なのは言うまでもないですね('ω')ノ
それがリーバイス中心だったのは最大のジーンズメーカー故の必然でもあるが誤情報も絶妙なアシストをしたのも確かでしょう。
現在では情報は修正され、リーバイスではなくリーを愛用していた事は広く知られているが一つ不思議に思うのが90年代後半以前、リーがジミーを宣伝に採用した事例を全然見聞きしないのだが・・
ジミーの死後、映画の影響でジーンズファッションが流行した中、ワークウエア専門からデニムファッションも含めたメーカーにデニムブランド各社は成長したがリーはVFに買収されその存在感は徐々に希薄化し本国アメリカでは忘却された存在になっている。
IMG_0226_201805182113375a8.jpg
さて90年代~00年代の日本に目を向けると鮮明な画像、映像でジミーのジーンズ姿が容易く確認出来るようになると誰しもが、それがリーバイスではない事を知る。
それでもリーバイスを崇拝する一部の自称マニアは「私生活ではリーバイスを愛用していた」「映像には残っていないが~」と言う都市伝説的な根拠のない主張を繰り返していたのが懐かしいですね('ω')ノ
今ではそんな事はどうでもヨイことで論争のネタにはならない。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バーゲン本】ジェームズ・ディーンスタイル [ SCREEN特別編集 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/1/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェームズ・ディーン写真集 命、煌いて [ サンフォード・ロス ]
価格:1851円(税込、送料無料) (2019/1/19時点)





yamamotoya (3)
説明不要の名古屋飯の一つ、味噌煮うどんの老舗店ですね('ω')ノ
愛知県には複数店あり、写真も結構バラバラですね('ω')ノ
どのお店でも安定した美味しさを誇りますが・・並んでまで食べる面倒さを常としていないので地元民ですがさほど行く頻度は多くない気がする。
基本的には各店のすいている時間帯を狙って来店していますね!(^^)!
yamamotoya (1)

yamamotoya (7)
よく見るとトッピングが異なるのはその時々の気分次第ですね('ω')ノ
冬場には大変、温まる料理ですが、まあその逆に夏場でも発汗を促すので食する事があります(^^)/
yamamotoya (9)

yamamotoya (8)











IMG_2909_2019012117315562d.jpg
Tシャツなのかスウェットなのか?
その中間に位置するオムニゴッドのカットソー。
肉厚なヘビーウエイト生地は起毛はなくTシャツと言えばそうだが肉厚過ぎる事とリブ等の作りがスウェットのディティールなので、まあ起毛の無い中厚のスウェットシャツとも言えなくもない。
一枚で着るには季節が合わないがそのような要素故に重ね着のインナーとしては重宝しますね('ω')ノ
人によりコレ一枚でロンTEEとして使うか、更にこの下にTシャツ等を一枚挟むかはその人次第ですね('ω')ノ
IMG_2915_201901211732047c1.jpg
袖口と裾はリブでフラットシーマー縫製。
クルーネックタイプだとバインダーネックでVガゼット付きと更にスウェットっぽい。
IMG_2914_20190121173204388.jpg

IMG_2912_20190121173204a22.jpg

IMG_2911_2019012117320335c.jpg

IMG_2913_20190121173203d2b.jpg

IMG_2910_201901211731573f1.jpg
モックネックやタートルネックは1960年代に大流行したがビンテージとしての紹介、復刻としての紹介がイマイチだったため認知度は低いですね('ω')ノ
現代衣類でも定期的に入手できる衣類じゃないので見かけたら買うしかない('ω')ノ








IMG_5066_20190120074351e1e.jpg
ドライボーンズのスモーキングジャケット。
スモーキングジャケットはタバコの喫煙文化が確立する過程、19世紀に流行した喫煙時専用のジャケットですね('ω')ノ
1950年代頃を境に急激に廃れていくがヴィンテージ市場では目立つデザインで希少性はあるが人気はさほどでもなく所謂、玄人向けのヴィンテージとされる。
まあドレス系のシャツやジャケットもそうですが一般的な認知度が低いのと現在のカジュアルとの類似性が低いとあまり好まれない傾向がある、つまりは意外とヴィンテージの価値観は偏ったが故の評価ですね('ω')ノ
ヴィンテージ市場では滅多に見かけないないがわざわざピックしてくるバイヤーの知識&趣向同様にそこそこ高額なアイテムなのは間違いないですね('ω')ノ
IMG_5075_20190120074358839.jpg
さてオリジナルにヴィンテージではジャケットと呼ぶよりもガウンに近い質感、厚みが多く冬場のアウターとしては少々物足りない面もある。
特にフロント合わせがボタン等でしっかり閉じる構造ではないので真冬の屋外での実用には難しいところもある。
ドライボーンズの場合、ソフトで軽いが適度な厚みのウール素材で裏張りもしてありアウターとしての実用性もある程度はあるが、やはりフロントのデザインは変更できない故にそこら辺が弱点と言えば弱点ですね('ω')ノ
IMG_5086_20190120074407ff8.jpg


IMG_5069_20190120074353956.jpg

IMG_5085.jpg

IMG_5083.jpg

IMG_5082.jpg

IMG_5079.jpg

IMG_5078.jpg

IMG_5074_20190120074356d21.jpg

IMG_5070_201901200743534e4.jpg

IMG_5071_20190120074355d07.jpg
アダルトな雰囲気とダークな雰囲気も強くドレス系のヴィンテージやドライボーンズ製品との相性の良い大人なジャケットですね('ω')ノ
デニム、ワークとは異なるアメリカ服文化の系統に位置する一枚も時には羽織りたくなる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2トーンスモーキングジャケット/ DRY BONES【ドライボーンズ】
価格:39960円(税込、送料別) (2019/1/27時点)








seiko5 (1)
ほぼ現行品のセイコー5。
まあ10年前でも現代でも作られ続けているので古さを感じないですが微妙に古いと言えばそうかもしれない。
とは言えデニムと同じくヴィンテージの概念が確立後、それ以後のモデルは何年経過してもレギュラー、現行品と呼ばれ続ける宿命が今のところある。
まあ、そんな価値観もいずれは変わるかもしれないが。
seiko5 (2)

seiko5 (3)
海外モデル、逆輸入品と呼ばれる物なのでカレンダーが曜日によりよく分からなくなる(笑)
seiko5 (4)

seiko5.jpg
機械式時計の入門編的な立場にある現在のセイコーファイブですがそのバリエーションの多さ、価格の安さからツイ数を揃えたくなるが、まあそれも時計の楽しみ方の一つですね('ω')ノ









IMG_7650_20190104082221479.jpg
ウールの手袋と言うかまさに軍手ですね('ω')ノ
まあアメリカ軍ですが。
IMG_7651_201901040822221b8.jpg

IMG_7652_20190104082223c36.jpg

IMG_7653_20190104082225a0c.jpg

IMG_7654_201901040822265e8.jpg

IMG_7655_20190104082228d33.jpg
実用的ですが軍手ではなくウール手袋として街着に合わせて使用するには・・・少し合わない(笑)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WEBプライス 米軍レプリカ D3A レザーグローブ 新品【TKA】
価格:972円(税込、送料別) (2019/1/15時点)