IMG_1782_20170817190344a3f.jpg
1960年代終盤から70年代に掛けてのテーパードシルエットの異素材ジーンズ。
ラングラーに限らず~ではなく60年代はテーパードシルエットのパンツが大流行し様々なデザインのパンツ類でテーパードが流行ったのでジーンズ以外でもヴィンテージ市場ではよく見かける。
だが不思議な事に80年代のスリム程、良く知られていないと言うか何と言うか~
IMG_1788_201708171903520ed.jpg
インサイドには既にブルーベル・マークは無いがその他の表記はまだ残っている。
IMG_1792_20170817190358aed.jpg
ラングラーの品番の数字は生地により変化する為、同じテーパード・ジーンズでも色が異なると品番も異なる。
IMG_1781_20170817190342ea8.jpg
バックポケットに塩ビパッチは無いが欠損したのではなく初めからついていない。
IMG_1784_20170817190346876.jpg
スクラッチレスリベットもついていない。
IMG_1785_20170817190348a64.jpg
ジッパーはグリッパーのカムロック式ジップを採用。
実年代よりも古く見える。
IMG_1786_2017081719034907d.jpg

IMG_1787_201708171903518e1.jpg







にほんブログ村

にほんブログ村


IMG_3714_2017081718554802c.jpg
昨日の続きです。
IMG_3721_201708171855597a6.jpg
定番の7本ベルトループ。
IMG_3726_20170817185606a63.jpg
平均的な高さのサイレントWは1960年代の特徴。
IMG_3725_201708171856052a0.jpg
しつこいがこのパッチは素晴らしい('ω')ノ
復刻だと丈夫すぎてつまらないと言うか、なんというか。
IMG_3724_20170817185603774.jpg

IMG_3723_20170817185602b01.jpg
スクラッチレスリベットが無い事と当て布が無い事が11MWZ等との作りの違いか。
IMG_3722_2017081718560026c.jpg
ジッパーはコンマー。
IMG_3718_20170817185554ac6.jpg

IMG_3717_20170817185553bb6.jpg
定番のデニム以上に50~60年代前半の異素材ジーンズは意外と球数が少ない。
なにせ作業着からカジュアルに移行する途中の時代故ですね('ω')ノ
逆に60年代後半以降はかなり球数があり時代の変化がよく分かる。







にほんブログ村


にほんブログ村

IMG_3711_20170817185544aae.jpg
ラングラーの異素材モデルでは珍しいピケ素材のジーンズ。
1960年代前半、アメリカの三大ジーンズ・ブランドが輝いていた時代のジーンズであるものの品番が分からん。
そもそも異素材やカラーデニムでは先駆者的なラングラーでも滅多にお目にかかれない存在故でしょうか。
IMG_3719_201708171855561af.jpg
デニム素材とパーツやディティールに大幅な違いは見られない、あるのはリベットレスである事のみ。
基本的には白サテンの33MWZと同型と思われます。
IMG_3720_20170817185557713.jpg
割れやすいのユーズドでは無傷で目に出来るケースが少ない塩ビパッチ。
IMG_3724_20170817185603774.jpg
アップで見ると素材の質感、織りがよく分かる。
IMG_3716_201708171855516b5.jpg
コインポケット。
IMG_3715_201708171855509c5.jpg

IMG_3713_20170817185547e21.jpg
裾は伝統のシングルステッチ。
IMG_3712_2017081718554645e.jpg
異素材ジーンズですがブルーベル・マーク等、ヴィンテージ固有のパーツ類やデニム同様に手の込んだ作りはやはりヴィンテージらしい、いやヴィンテージそのものなので特別な存在ですね('ω')ノ






にほんブログ村

にほんブログ村
IMG_4247.jpg
さてブルーベル社と言えば複数のブランドを展開していたことで知られていますがメーカーのスタートであり原点は同名のワークウエアですね('ω')ノ
大戦中には米軍へ多くの衣類を納品し、俗に「マッカーサーのチノ」なんて呼ばれるチノパンでも知られているが、このハナシの真偽はよく分からない。
まあそれでも米軍にチノパンを納品していたのは確かであり、それらとこのようなワークパンツが近縁なのも確かですね。
IMG_4259_20170815091203062.jpg
とは言え年代が違うし素材の為、如何にも労働着ってイメージの方がかなり強いが。
IMG_4254_20170815091155a4d.jpg

IMG_4253_20170815091154982.jpg
タグ裏にはアーミーツイルの表記、この色が軍で使われていたとは少々思えないので色ではなく生地の織りが同等と言うことだろうか?
正直ミリタリーには興味ないので調べる気はないが。
IMG_4256_2017081509115947b.jpg
ジーンズのスレーキーと同じ素材であり同じスタンプが確認出来る。
ヴィンテージジーンズでは興奮モノですが、まあズボン本体が本体なので見えないところでようやく価値が認識できるって感じですね('ω')ノ
IMG_4257_201708150912005a9.jpg

IMG_4255_20170815091157ea5.jpg
ヴィンテージデニムと言うかラングラーではよく知られた丈夫なスレーキー素材とそれを誇る印字ですが70年代のブロークンデニム時代以降は採用されていないので年代判定が難しい単純な存在のワークパンツに特別な意味をやはり感じさせる。
IMG_4252_20170815091152635.jpg
両サイドシームはオープンシーム。
IMG_4261_20170815091206666.jpg

IMG_4260_201708150912043f5.jpg
当時ブルーベル社は同名以外にも複数のワークウエア・ブランドを展開していたが現在はそのほとんどを見ることが出来ない。
これもヴィンテージでしか、過去商品でしか見ることが出来ない存在ですね。













にほんブログ村

にほんブログ村
IMG_4246.jpg
ラングラーと言えばそれを展開するブルーベル社のイメージが強い。
勿論1986年には消滅しており日本の古着ブーム、ヴィンテージブーム、レプリカ&復刻ブームが始まった時点で既に存在していない存在だったにも関わらずメディア等のイメージが強すぎて90年代でも、いや00年代でもアメリカでの存在を信じて疑わない人が結構いたのに驚きだ。

つまりはラングラージャパンがブルーベル・ネームでワークウエアなデザインのカジュアル衣類を展開したのは消滅後であり、日本でアメリカのホンモノのブルーベルの製品が紹介された過去はないのだ、まあそうなればおかしな勘違いがあってもおかしくないところか。
IMG_4258_20170815091201671.jpg
トラウザー型で極太、ハイウエストの形状は全く今風とかカジュアルじゃないまあ今でもある作業ズボンの古い物ってのが本当のところですね。
インサイドタグでブルーベル社のブルーベル・ブランドのワークウエアだと確認出来る。
IMG_4254_20170815091155a4d.jpg
コインポケット。
IMG_4248.jpg

IMG_4249.jpg
ジッパーフライだがかなり古いタイプのジッパーが採用されていて実年代よりも古く見える。
IMG_4250_201708150911492f6.jpg

IMG_4251.jpg
帯裏にはサンフォライズ、セイルクロスを表わすスタンプが押されておりポケットも含めてジーンズと同じ丈夫な素材が採用されているのが分かる。











にほんブログ村

にほんブログ村
IMG_4765_20170815090537d14.jpg
さて、古い時代のブロークンデニムの特徴と言えば縦落ち自体はすること。
色目が薄いこと、ですね('ω')ノ
IMG_4774_20170815090550934.jpg
正直、縦落ち感はあまり出ていない。
洗い方もあるが年代的に1970年代終盤から80年代に掛けてのデニム故かもしれないですね('ω')ノ
70年代ど真ん中と違いインサイドタグ、プラパッチにはブルーベル社のマークは無い。
IMG_4766_20170815090538515.jpg
Mステッチの歪み具合は同時代のWステッチと同じく手作業の風合いって事で。
IMG_4775_20170815090551592.jpg
丈夫なプラパッチのロゴは至ってシンプル。
IMG_4776_20170815090553b1d.jpg
雑なステッチが素晴らしい。
IMG_4777_201708150905546c7.jpg
伝統のシングルステッチ、リーバイス的な在り方のみを善とするヴィンテージブーム、レプリカブームの時代では全否定、嘲笑の対象だった裾のシングルステッチ。
1950年代では多くのメーカーで普通にやられていた仕様を否定するのはアメリカンヴィンテージの歴史やその世界を否定する行いに思えるのだが・・
IMG_4772_20170815090547fd9.jpg
強烈なヒゲやアタリは出ないかもしれないが自らの身体の動きに沿った色落ち~まあ自己満足の対象としての姿をいずれ表わしてくれるでしょう。
IMG_4780_2017081509055758a.jpg

IMG_4781_20170815090559ee5.jpg

IMG_4782_20170815090600d2d.jpg
ラングラーのサブブランドとして異なる販路で展開されていたマーベリックですがブルーベル社がVFグループに買収されて1986年以後、消滅してしまう。
この44MWZではインサイドシームも生地を巻いているが内縫いにされたより簡素なタイプが最終44MWZだと思われる。

とは言いつつもVFはマーベリックのブランド名を所有し続けており日本を始め海外では独自の展開を続けていたりする。






にほんブログ村

にほんブログ村