IMGP2730_20170708072009a42.jpg
ヴィンテージ古着の世界は常にリーバイスがデニムの中心だったのは言うまでもないし、復刻ジーンズにおいてもそう。
ジーンズを創造し世界に広めたリーバイスの歴史や実力、人気は否定のしようがない。
それ故にリーバイス、特に501XXに情熱を持って収集するコレクターや研究、調査するマニアックな方々は業界人から一般人まで昔も今も大勢います。
その為、本来服を着るのに必要のない情報も解明され広まっているがラングラーに関してはどうだろうか??

答は簡単、分かっているようでやはり分かっている事は少ない。
IMG_4279_201707080720074b3.jpg
歴代11MWZは後継の13MWZも含めてディティールの変化が乏しく古着ブーム時代、年代判定や年代毎の個性が分かりづらい存在とされていた。
よく云えば完成されたジーンズですが最大の変化点であるブロークンデニムにデニム素材が変わってからは以後、更に大きな変化がないように見えた。
その為、大雑把な区別では左綾デニムかブロークンデニムか、で古い物と新しい物が区別されていた。
今でもその大雑把な見方にさほど変化は無いようにも思える。
IMG_3387_2017070807200654c.jpg
情報に関して云えば男が大好きな薀蓄バナシ、ヒストリーが乏しいのがラングラーですね('ω')ノ
リーバイスのXXデニムを生産していた事で有名なコーンミルズ社(現在のコーンデニム)は当然のようにラングラーにも供給しており、90年代にはアニバーサリー記念デニムを用いたジーンズをラングラーで販売したほどですが生産背景や素材へのこだわりのヒストリーはあまり聞くことが無いしコーンミルズ社との繋がりもリーバイス一社に限定したヒストリーのみが90年代に流布してた影響は今も強い。
とはいえ、リーバイスがそうであるように生地の供給源を一社に限定していないので当然、他社のデニム生地も使っており全てがそうではないのでコーンミルズ社のデニムのみに注目する必要が希薄なのも確かかもしれない。

ただしこの事は、同じ年代でも色落ちや生地感が異なるデニムの存在はその供給源の違いが影響していると教えてくれる。
それはラングラーに限らずリーバイスもですね('ω')ノ
ヴィンテージブームの時期、単に個体差、穿いた人の個性とか言われた色落ちの違いの理由は実はそんなところにも影響を受けている。
IMG_3376_20170708072005fb9.jpg
ワークウエアの素材としては完成した感じもするブロークンデニムは色落ち以前に青味の強い元々のカラーから違和感を覚える人が多い。
実際のところ合わせ辛い色彩なのは確かで日本では中々広まらなかった。
ラングラージャパンも純粋にアメリカのラングラーを販売せず、アメリカらしい、日本人にとってアメリカっぽいイメージのラングラージーンズを続けていた。
IMG_3051_20170708072003ba4.jpg
その影響はラングラージャパン消滅後も残り、日米で全然異なるラングラージーンズが何十年も平行して存在し続ける今となる。






IMG_4282_201707071957570ff.jpg
ラングラーブランドが誕生したのは1947年、今年2017年はそれからちょうど70年の記念すべき年ですね('ω')ノ
正直すっかり忘れていたと言うか気にしていなかったが、ふと思えばそうでした(笑)
IMG_3050_20170707195756318.jpg
さてラングラーに関しては語り尽くした側面と語り尽くせない側面が両立する。
同時にネットで書けないネタや話題もあるが、まあそれはイイでしょう('ω')ノ
IMG_0347_2017070719575368c.jpg
ラングラーについて今更語るのも正直めんどくさいが、そこはお約束展開として一応サラッとしておくと第二次世界大戦の終了後ワークウエアメーカーであるブルーベル社が本格的デニムブランドとして展開を開始したのがラングラーです。

実はそれ以前にもブルーベル社のラインナップにデニムジャケットやダンガリーパンツは存在しましたが明確にデニムブランドとして展開されたのがラングラーのネームであり、そのネームも実は1943年にブルーベル社が吸収合併したケイシージョーンズ社の商標だったりと、所謂「前史」的なヒストリーも存在しますがまあ、それはあまり知られていない&モノ自体もほとんど現存していないので省略化です。
IMG_0754_2017070719575572c.jpg
さて先行する大手ジーンズブランドとしてリーバイス、リーに対抗する為にラングラーはカウボーイ路線に特化し、子供向にはTV番組の衣装提供等でウエスタンウエア=ラングラーのイメージを執拗に宣伝しその成果が今に至るカウボーイ専用ジーンズブランドとしての地位であり、三大ジーンズブランドの一角と呼ばれる事となる。

が併し、そもそも三大ジーンズブランドなんて誰が言い出したのだろうか?
業界最大手は当然、そんなワード使わない、基本的にはナンバー2以下が使う傾向がある。
(ペプシコーラやプロケッズのように)
IMG_0309_20170707195752290.jpg
21世紀の現在、母国アメリカではリーは忘却された存在とされている。
とはいえリーバイスにしろラングラーも米国工場を閉鎖する等、時間の流れに敗北した側面もある。
それでも存在し続けているのは立派な事でもありますね('ω')ノ







IMG_6724_20170706055803706.jpg
エドウィンのバンダナ。
数年前に通販の送料を浮かすためについでに購入した一枚だったような気がする。
バンダナブーム以前から国産ジーンズメーカーもほぼハンカチのような扱いで出していたようですね。
IMG_6723_201707060558020ff.jpg

IMG_6725_20170706055804e40.jpg

IMG_6726_2017070605580625e.jpg
ジーンズメーカーらしい図柄ですね。
IMG_6727_20170706055807b6f.jpg
なんてことは無いが一応、日本製だった気がする。
IMG_6729.jpg



IMG_4870_20170702093747398.jpg
マンシングウエアのパックTシャツ。
比較的歴史が浅い印象を受けるのは他のカットソーブランドが百年前後の歴史があるものばかり故ですね('ω')ノ
ゴルフウエアのブランドと云うイメージはヴィンテージ古着の世界ではあまりなくアンダーウエアの印象の方が実は強い。
IMG_4876.jpg

IMG_4871.jpg

IMG_4872_20170702093750da3.jpg

IMG_4873_20170702093752214.jpg

IMG_4874_20170702093753091.jpg

IMG_4875_20170702093755e13.jpg

IMG_4877.jpg

IMG_4878.jpg

IMG_4879.jpg

IMG_4880_201707020938021f7.jpg
まあ古いだけのタダの白いTシャツですが、それ故に出番の多いTシャツでもあります。


IMG_4722_20170702093421a7c.jpg
フルーツオブザルームのパックTシャツのデッドストック。
ビンテージTシャツの無地では定番のポケット付き、色もワインレッドと如何にもカジュアルですね('ω')ノ
IMG_4729_20170702093431e58.jpg

IMG_4723.jpg
説明不要のブランドタグ。
IMG_4724_201707020934246e7.jpg

IMG_4725.jpg

IMG_4726.jpg

IMG_4727_20170702093428e9b.jpg

IMG_4728.jpg

IMG_4730_2017070209343348c.jpg

IMG_4731_2017070209343441c.jpg
さて1970年代とほとんど変化ない1980年代前半のTシャツですが80年代後半にはサイズ感が大きくなり、同じコットン100%でも生地感に違いが生じる。
そして1990年代に入ると更に変化が起きる。
どんな服でさえある、年代毎の違いが面白いところですね。

IMG_2300_20170702093043211.jpg
百年以上の歴史のあるカットソーブランド、フルーツオブザルームのポリコットン素材ポリシャツのデッドストック、袋入りです。
このままディスプレイとなるのかちゃんと着るのかは、どうなるでしょうか(笑)
IMG_2309_20170702093058480.jpg
コンドルと言う別ラインのようですがポロシャツ以外にどのようなアパレルも当時存在していたのだろうか?
これより以前、大企業家した各社は、本業以外のアパレルにも手を出すことはよくあるが別ネームで販売するケースとそうじゃないケースの違いがよく分からないですね、フルーツオブザルーム・ネームのままで白シャツやらワークシャツやら40,50年代頃には既にやっていたので。
IMG_2301_20170702093045b7d.jpg
70年代らしい直線的で長い襟。
IMG_2302_20170702093047d35.jpg
専用のブランドタグ。
IMG_2303_20170702093048727.jpg

IMG_2304_201707020930503da.jpg

IMG_2305_20170702093051071.jpg

IMG_2306_201707020930539af.jpg

IMG_2307_201707020930549ca.jpg

IMG_2308_201707020930560a8.jpg
素材はポリエステルとコットンの混紡素材。
1950年代には既に化学繊維の衣類は普通に存在しその傾向は様々な種類のファブリックにも広がった時代を思い起こさせる。
以後の時代徐々にポリコットンが減少しオールコットンが復権したのは別にコットン素材の良さが見直された訳じゃない。
オイルショック等の影響に過ぎない。
IMG_2310_20170702093059ae8.jpg
このテのなんの変哲もない服こそある意味、アメリカンカジュアルの神髄ぽい普通さ、そのものですね('ω')ノ
時にはこのような服も着たくなる。